SundyBlog

<< ★☆★TANK!theSTORE リリース情報★☆★ | main | 新着ライブ情報! ≪全34公演≫ >>

July 25, 2011

MAN WITH A MISSION ロングインタビュー!

Posted by:Sundy at: 4:09 PM

話題のオオカミバンドが遂にメジャーデビュー。
無条件にアガるミクスチャーロックは中毒性高し!

MAN%20WITH%20A%20MISSION.jpg

 話題沸騰のオオカミバンドMAN WITH A MISSIONが、メジャー1stフルアルバム『MAN WITH A MISSION』を6月8日にリリースした。ヘヴィーロック、メロディックパンク、ダンスミュージックなどの要素を盛り込んだ、キャッチーかつノリノリガウガウなマンウィズ流ミクスチャーロックにハマる人続出!

――まずは謎に包まれたプロフィールを教えていただけますか?

Jean-Ken-Johnny(G./Vo./Raps)「MAN WITH A MISSIONハ19XX年ニ狂気ノ天才科学者ジミー・ヘンドリックス博士ガ作リマシタ究極ノ生命体デス。頭オオカミ、身体ハ人間、要スルニオオカミデスケレドモ。昔ハ悪イ人タチノ手ノ平ノ上デコロコロ転ガッテオリマシタ。ソレデハイケナイトジミー博士ガ思イマシテ、モウ動カナイヨウニ我々ヲ南極ノ氷ニ閉ジ込メマシタ。タダ究極ノ生命体デスノデ、耳ガトテモイイデス。南極ノ氷ノ中ニイル間モ、世界中ノ音楽ハ常ニ我々ノ耳ニ入ッテマシタ。ソノ頃カラ、今度イツカマタ地上ニ出ル事ガデキレバ、音楽デ何カ世界ヲ変エラレナイカト思ッテマシタ。2010年、地球ノ温暖化ノセイデチョット氷溶ケチャイマシタネ。ソレノセイデ、オオカミ達5匹マタ復活シテシマイマシタガ、ソノ時ノ想イ忘レナイママ今度ハ音楽デ、5匹デバンドヲ始メヨウトナッタノデス。ソレガ2010年ノ初頭、2月、3月ノ頃デス。活動ハソコカラ始マッテマス」

1st Album
MAN%20WITH%20A%20MISSION_Album.jpg
『MAN WITH A MISSION』 Now on sale

――皆さんはどんなミッションを携えて、音楽で何を変えようとされているのですか?

「MAN WITH A MISSIONノミッションヲ質問サレル方非常ニ多イデスガ、余リ深イコトヲ言ッテシマイマスト、オ姉様ノ命ニモ関ワリマスノデ。タダ、チョットヒントヲ言ウト・・・。日本語ニ訳スト、MAN WITH A MISSIONハ使命ヲモッタ人間デス。大ソレタコトヲ言ッテマスガ、皆様1人1人モ生マレナガラニシテ使命ヲモッテイルト思イマス。ソノ使命ノ答ヲ探ス人、探セナイ人、ソレガ答ダト自分ニ言イ聞カセ続ケル人、人ニヨッテ十人十色、百人百色、バラバラソレゾレデス。タダ、使命ソノモノニハ絶対ニ大小ヤ優劣ハナク、皆1人1人使命ヲ持ッテル事コソガ一番大事ナ事ダト思ッテマス。ソノ使命ヲモツガ故ノ様々ナ悩ミ、喜ビ、楽シミ、悲シミ、喜怒哀楽デスネ。イッパイゴザイマス。ソレヲ音楽トイウ素晴ラシイ文化、ツールヲ通ジテ我々ハ表現シテイル側デスガ、一番大事ナノハソウイッタ事ヲ皆様ト共有、共鳴スル事ダト思ッテマス。ソレコソガMAN WITH A MISSIONノ使命ノ一部カモ知レマセン」

――なるほど! より多くの人と共有するべく、メジャーから1stフルアルバム『MAN WITH A MISSION』がリリースされました。メンバーの皆さんはそれぞれヒップホップからヘヴィーメタルまで、好きな音楽のジャンルが異なるとのことですが。

「イエス、イエス。5匹共バラバラデス」

――それがうまく音楽性に活かされていて、アルバムの中にも多彩な要素が詰まっていますね。好みが違うメンバーさんが団結できる理由は、やはり先程教えていただいた使命を果たそうという気持ちが共通しているからですか?

「5匹ハ究極ノ生命体デスガ、基本オオカミ。本能ノママニ生キテル馬鹿野郎バッカリナノデ、好キナモノハ好キデス。ソノ中デ、ジャンルハバラバラデモ根ッコノ部分、5匹共ロックガ大好キデスネ。タダ、ドノジャンルニ於イテモ素晴ラシイ要素ハゴザイマス。他ノジャンルヲ頭カラ否定スルノデハナク、寄セ集メデハアリマスガ5匹ミンナデソレヲ一度形ニシマシテ、ソシテ皆様ト共有デキル、共感デキル形デ出ス事ガ一番大事ダト思ッテマス。ソウイッタ作業ノ繰リ返シデスネ」

――みんなと共有する事を大切にされているからこそだと思うんですけど、重厚なサウンドでありながらしっかりキャッチーで、クセになりますね。アルバムも無条件に楽しめるアッパーなナンバーから始まり、どんどん深いメッセージが出てきて、いろんなジャンルの拡がりもあって、最終的には真っ直ぐ届く日本語詩の壮大な楽曲で終わっていきます。この曲順の流れにも皆さんの想いが込められていますか?

「曲順ハ1〈DANCE EVERYBODY〉ト10〈WHITE WORLD〉、最初ト最後ハコレニシヨウト決メテマシタガ、後ハ全作品ヲ通ジテ今オッシャッテ頂イタヨウニ、聴ク人ガストーリーヲ気持チ良ク感ジレル曲順ニサセテ頂イテイルトハ思イマス。我々ノバンド名ト同ジ『MAN WITH A MISSION』トイウ1stフルアルバム、セルフタイトル、コレハ皆様ニ分リ易ク名刺代ワリトイウ意味デ。コレヲ聴イテ頂ケレバ、ゴ挨拶代ワリニナルカト思イマシテ作ッタ10曲入リノアルバムデス。ノリノリナナンバーカラ、スローデポップナバラードマデ、音楽ノ様々ナ要素ヲフンダンニ自由ニ詰メ込ンダ素晴ラシイ作品ニナッタト自負シテオリマス」

――例えば〈NOTHING’ GONNA CHANGE MY WAY〉は、混沌とした世界の中で自分を信じて突き進もうという皆さんの意志表明にも感じますし、私たちもそうありたいと思える楽曲ですね。もしかしたら、奇抜な見た目で食いつく人も大勢いるでしょうけど、逆に敬遠してしまう人もいるかもしれません。でも、今回のアルバムにはこういった多くの人が共感しうるメッセージが込められていますし、もちろんサウンドもカッコいいので、まずは聴いてみてもらいたいですね。

「オッシャッテ頂イタヨウニ、皆様人間トハ違ウ姿形ヲシテマスノデ、最初ハ怖ガル人モ、様子ガオカシイト思ウ人モイッパイイルンデスケレドモ。最終的ニハ音楽、CDヲ聴イテ頂イタリ、ライブヲ見ニ来テ頂ケレバ、音、メッセージ、アトハ感情デスネ、必ズ共感、共通点ヲ見イ出セルモノダト思ッテマスノデ。手始メデハゴザイマスガ、CDヲゼヒ皆様手ニ取ッテ聴イテ頂キ、イツカライブデモオ会イスル事ヲ楽シミニシテマス」

――英詩と日本語詩の使い分けも効果的ですし、いろんなジャンルのミックス具合、リスナーとの共有を明確に意識されていることなどなど。皆さんは究極の存在だけあって、様々なバランス感覚に長けていますね。

「タダ、食事ハ偏ッテマス。肉食デス。アマリバランス良ク摂レテイマセン」

――(笑)!

「歌詞ニ関シマシテハ、サウンド、曲ノイメージニ合ッタモノデアレバ、ソレハ英語デモ日本語デモ正直ドッチデモイイト思ッテマス。メッセージ性ノ強イ5曲目〈RAIN OF JULY〉デストカ10曲目〈WHITE WORLD〉ハ、ヤハリ日本ノ皆様ニ真ッ直グ届ケルノデアレバ絶対ニ日本語ガイイト思ッテマスシ。ノリノリノチョット攻撃的ナナンバー、歌詞ト音ガ一番マッチングスルノガ英語ナノデアレバ絶対ニ英語ヲ使ッタ方ガイイト思ッテマスシ。ソコハ言葉アリキデハナク、曲、サウンドガ先行デスネ」

――もうひとつ、バランス感覚で言うと。最近では音楽以外の活動、情報に関して否定的なアーティストさんも多い中、マンウィズさんはその部分も楽しんで展開されているし、私たちも凄く楽しませてもらっています。

「オー、アリガトゴザマース。中ニハ何フザケタコトヤッテルンダト思ウ方モイッパイ大勢イルデショウ。ケド、音楽ハ音ヲ楽シムト書キマス。日本語トシテノソノ言葉ニ全テガ詰マッテイテ、楽シマナケレバ意味ガナイコトダト思ッテマス。ソウイッタ意味デモ、音楽ダケデナク、ヤハリ音楽ヲ発信シテイルアーティストデスネ、MAN WITH A MISSIONヲ気ニ入ッテ頂ケルノデアレバ、ソノ音楽以外ノ部分デモ皆様ニ全力デ楽シンデモライタイト思ッテマス。ト言ウヨリモ何ヨリモ、我々ガ全力デ楽シンデマスノデ、ソレガ伝ワレバイイカナト思ッテマス」

――今年の夏はSUMMER SONICを始め、大型音楽フェスへの出演も続々発表されていますね。炎天下の野外ステージの暑さにオオカミさんたちが耐えられるのだろうかと、心配しているファンも多いと思うのですが。

「イエス、イエス。皆サン『死ヌンジャネーカ』ッテ言ッテマスケドモ。生マレモッタコノ姿ニ文句ヲ言ウツモリハナイシ、文句ヲ言ウコトモデキマセンノデ。タダ、夏ニハ夏ノオ毛毛ニ抜ケ替ワリマスノデ、多少ハ涼シクナルコトデショウ」

――東海地方での今後のご予定はありますか?

「残念ナガラ東海トナリマスト、ピンポイントデ予定ゴザイマセンネ。シカシ、我々MAN WITH A MISSIONオリジナルノ企画デ、Twitter上デ19人ノ方ガMAN WITH A MISSIONノアカウント(@mwamjapan)宛ニ『ココニ来テクレ』ト言ッテクダサレバ、必ズソノ場所ニ行ッテライブヲサセテ頂キマス。ソレハ日本ダケデナク、海外デモドコデモイイデス。モウ今マデニ仙台、福岡、大阪、横浜、岡山、長野、様々ナ場所、名古屋モソレデ来マシタ。19人集マリサエスレバ、ソレガ例エバ浜松、静岡、愛知、ドコデモ行カセテ頂キマスノデ、皆様ゼヒ『ココニ来テライブシテクレ』ト呟イテクダサイ」

――6/16 ell.FITS ALLでのライブはいかがでしたか?

「メチャクチャ感動シマシタ。FUNKISTサントツアーデ対バンサセテ頂イタンデスケレドモ、アマリ大キクナイ箱ニ確カ200何人デシタノデ、結構パンパンデシタ。ソノ中ノ80人以上ノ方ガドウヤラ我々ヲ見ニ来テクレタラシクテ、非常ニアリガタカッタデス。会場全体ガ非常ニ盛リ上ガッテイル、素晴ラシイオーディエンスダッタト思ッテマス」

――最後になりますが、「TANK!」読者の方たちにメッセージをお願いします!

「MAN WITH A MISSION、オオカミデスガ人間ノ皆様ト非常ニ仲良クサセテ頂イテオリマス。昔ハ皆様チョット怖イネト敬遠シガチデシタガ、段々ト慣レテキテ頂イテルミタイデ、ライブデモ最近私ハJean-Ken-Johnnyデハナク『シャクレ』ト呼ビ捨テニサレテマス。ソンナ感ジデ、フレンドリーナオオカミ達ニ会イニ来テクレレバ、我々ライブ会場デ皆様ヲオ待チシテオリマス。CD店舗ナド様々ナ場所ニモオオカミ達現レマスノデ、ゼヒ一目ダケデモ会イニ来テクダサイ。ヨロシクオ願イ致シマス!」

(6/22 インタビュー・安井幸代)

★コメント映像も頂きました!
ムービーを見る

TREASURE05X -the flashy seed- 出演決定!!
8/13(土) E.L.L&ell.FITS ALL&ell.SIZE

TRACKBACK

この記事へのトラックバックURL: http://www.sundayfolk.com/mt_trackback/1893