SundyBlog

<< 2010年12月6日(月) 午後2時〜午後3時 システムメンテナンス情報 | main | THE KIDDIE インタビューUP! >>

December 2, 2010

伊藤由奈 インタビューUP!

Posted by:Sundy at: 10:51 AM

デビュー5周年、シングル『守ってあげたい』に続いて
伊藤由奈初のベストアルバム誕生!



包み込むような優しいミディアムバラードの15thシングル「守ってあげたい」(11/3発売)は、ひとりじゃない気持ちをもらう歌。

「リアルな歌詞にしたいと思って、何回も何回も作詞家さんにお願いして書き直してもらったんです。今まで私をサポートしてくれた人たちにこの歌を届けたくて」

itoyuna_mamotteagetai.jpg
15th Single
「守ってあげたい」 Now on sale


itoyuna_LOVE_SinglesBest2005-2010.jpg
Best Album
「LOVE〜Singles Best 2005-2010〜」 12.8 Release


“大丈夫”から始まる歌詞は、すみずみまであたたかい。

「“大丈夫”は何回も録り直したんです。大切な人に話しかけるように“私はいつもいるよ”って歌い方にしたかったので。この歌はどのフレーズも好きなんですけど、最近は2番の最初の、“何度でもやり直せるはず うまくいかないことを恐れないでいて”っていうところを、歌いながら自分にも言い聞かせるようになりました。何度でも失敗したっていい、やり直せるからって。私は何でも完璧にしたいタイプなので」

完璧主義はしんどいのでは。

「それがしんどいとは思えない、楽しいんですよね。つらいって思っていないかも(笑)。ポジティブな意味を持つ言葉を自分に言い聞かせると良いって言いますよね。できるだけ、ネガティブなことを言わない。自分ひとりでいる時も『なんでこんなにうまくいかないんだろう』って言わないようにしているんです。今はいろいろ大変だけど、もう少しこうしたら大丈夫になる、と言い切ることを意識しています」

ミュージックビデオは、カフェで過ごす由奈さんの前を通り過ぎる人達それぞれの物語が映し出されるショート・ストーリー仕立て。

「実際、プライベートでもカフェに行った時、通りを眺めてピープルウォッチングするのが好きなんです。表情を見て『素敵な日なのかなあ』とか、いい笑顔をしていると『いいことあったのかな』とか、落ち込んでいる人がいると『何があったんだろう』って。みんな頑張っているじゃないですか。ちゃんと誰かがどこかで見ているんだよってことを、このミュージックビデオで表現したいと思ったんです」

カップリングは楽しいナンバー〈Kiss me〉。

「シングルでは1曲目がバラード寄りのものだったら2曲目はテンポ感のある曲にしたい気持ちがあるので。この季節にピッタリじゃないかな。クリスマスソングとまではいかないけど、ちょっと季節感ある歌詞も入ってます」

そして3曲目は新進気鋭のクリエーター/プロデューサー・田中ユウスケ率いるクリエーター集団“Q;indivi(キュー・インディヴィ)”による〈Precious〉のリミックス〈Precious - Q;indivi Celebration Remix -〉。

「リミックスしていただくと、原曲とは違う聴き方ができるので嬉しいです。キラキラしていてディズニーっぽくて。こちらもぜひ聴いて下さい」

そしてついにデビュー5周年を記念した待望の初ベストアルバム『LOVE〜Singles Best 2005-2010〜』(12/8発売)が完成。大ヒットシングル「ENDLESS STORY」「Precious」など、数々のヒット曲をはじめ最新シングル曲も収録。初回生産限定盤は2タイプ。シングルすべてのミュージックビデオに加え、5年間のメイキング映像をまとめた「LOVE Extra Edition」を収録したDVD付きと、配信限定で話題となった洋楽カバーをボーナスCDに収録したCD2枚組。

「実は1stアルバム『HEART』の時に、ほんとはタイトルは『LOVE』にしたかったんですけど、やっぱり『LOVE』は初めてのベストにつけたくて、セーブしていたんです」

音楽を通して愛を伝えたい想いを込めたアルバムは、5年の歴史をさかのぼるように流れる。

「この5年間、たくさんの素敵な経験をさせていただいたなって思います。慌ただしかったし、すごく大変な時もあったけど、ほとんどが楽しくて。私は人が大好きで、このお仕事でたくさんのいろんな人に出逢えて、それにもすごく感謝しています。毎回リリースするたびにそう思うんですけど、みなさんにプレゼントしたい、たくさんLOVEがつまったものにしたいと思って、ジャケットもプレゼントを私が持っているデザインなんです。この曲を聴いた人が『あの時は私はこうだったな』とか、いろんなことを思い出してくれるのもステキですね。私自身も思い出すので」

この中で一番強い想いを抱く歌は?

「それは難しい質問ですね・・・。でもやっぱりデビュー曲の〈ENDLESS STORY〉が。この曲がなかったら、NANAのオーディションがなかったら、全然違う人生を歩いていたかもしれない。間違いなく今とは違う人生だった気がします。Def TechのMicroさんとデュエットした〈Mahaloha〉も初めてのコラボレーションで、自分のハワイ育ちのルーツを表現してみた曲なので、思い入れはあります。そしてセリーヌ・ディオンさんとの〈あなたがいる限り 〜A WORLD TO BELIEVE IN〜〉。この経験は大きかったですね。アーティストとしてだけじゃなく、ひとりの人間として、ひとりの女性として、アドバイスをいただいたり、たくさん勉強させていただいたので。この人こそ本当に“LOVE”なんです。時にはお姉さん、時にはお母さんみたいに。『由奈はすごいボーカリストになれるハートを持っている』って言ってくれて、その場で泣いちゃいました。そうなりたいと自分自身思ってはいたけど、セリーヌさんからそう言われるとは。あらためて頑張る気持ちになりました。セリーヌさんの、その言葉を言っている時の表情だったり目がすごく優しくて、そしてどこか強かったんです。それにやられましたね。大きなターニングポイントでした」

2010年は、アーティストとして自分をもう一度見つめ直す年だったと語る彼女。最後にメッセージを。

「はい! 12/8に初めてのベストアルバムを出します。私のLOVEがたくさん詰まったこのベスト、3タイプありますので、ぜひチェックしてみてください。そして名古屋でぜひライブさせていただきたいです。名古屋はいつも元気な反応が返ってきて、ワクワクして楽しくライブができるので、その時はいらして下さい!」

(11/18インタビュー・早川矢寿子)

伊藤由奈 Official HP http://www.yunaweb.net/

TRACKBACK

この記事へのトラックバックURL: http://www.sundayfolk.com/mt_trackback/1631