記事詳細

「ハイスピはまだまだ上を目指せるので、私たちの未来を見せたいです」

2020/03/27 16:00


「不撓不屈」をコンセプトに掲げる10 人組アイドルユニット・HIGHSPIRITS。2016 年11 月に活動をスタートさせ、それぞれがかつて所属していたアイドルグループの解散などの活動困難にあいながらも、諦めずに夢を追い続ける不屈の精神を持ったメンバーが集結している。そんなHIGHSPIRITS が3 月3 日にアイドルレーベル・Victoria Beats より、2nd シングル「Night Walker」をリリースした。ニューシングル「Night Walker」は力強い歌詞に、エモーショナルなメロディ、疾走感あふれるロックサウンドが特徴のナンバーだ。今回はそんな新曲について一宮麻由加、林真由、森平莉子、丸山ほのか、加藤奈々のメンバー5人に話を聞いた。



――HIGHSPIRITSはどんな風に結成されたアイドルなのでしょうか?

一宮:不撓不屈をコンセプトに掲げる東京発の10人組アイドルです。私は初期メンバーでもともとはメンバーは4人だったんですが、そこからどんどんメンバーが増えていって今は10人メンバーがいます。去年の11月に新メンバーとして加藤奈々が加入して今の体制になりました。

――加藤さんは去年、加入されたメンバーだったんですね。

加藤:そうなんです。なので今はとにかくがむしゃらに一生懸命がんばっています!

――シングル「Night Walker」が発売になりましたが、はじめて聞いた時に皆さんはどんな印象をもたれたでしょうか?

:歌詞の解釈が難しくて、歌詞を読んだ時にどういう意味なんだろう?と思ったのを覚えています。でも、プロデューサーさんに歌詞の解釈について聞いた時に今のハイスピにピッタリの曲だと気づいてハッとしました。

一宮:こういうアイドル活動をしたり夢を追いかける時って色んな制限や限界があると思うんですけど、今はそういうのを取っ払って夢中になって駆け抜けていこうという歌詞になっていて、それが今のハイスピにピッタリだと思ったんです。

丸山:それこそ夢を追いかけている人にはぜひ聴いてほしい曲になっていますね。年齢や性別も関係なく、夢に向かって歩いてる人に聴いてもらいたい1曲です。

:ファンの方の目標や頑張りたいことにもリンクするんじゃないのかなと思います。

一宮:そういう事を思って歌っている私たちの気持ちがハイスピリッツの色をだしていると思うので、ライブで聴いてもらえたらもっとハイスピを好きになってくれるのかなと。

――プロデューサーさんとは他の曲でも綿密にやりとりされたりしているんですか?

一宮:ここまで楽曲について話し合いをしたのは初めてかもしれないですね。

森平:結構いつもは分かりやすい曲が多いのでそうしたやりとりが多くあったわけではないんですけど、今回はメンバー自分たちからプロデューサーさんに曲の意図を聞きにいきました。

丸山:その時、その時のハイスピの状況に合わせた曲があがってきたりするので“おお〜”と思う時が多くて、なので結構歌詞をみただけで泣けてくる時もあったりします(笑)。

――メンバーさんからプロデューサーさんに曲について聞きにいったのは初めてのことだったんですか?

森平:そうですね。初めて楽曲の意味についてメンバー自ら聞いたかもしれないです。

一宮:確かに初めててだったよね。

丸山:この曲はどんな意味なんだろう?って歌詞を読んだ時に興味をもったよね。

:そうそう。サウンドも素晴らしかったし、よりこの曲を理解して気持ちを込めて歌いたい気持ちが強かったので、そうした思いがプロデューサーさんに聞きに行くという行動につながっているんだと思います。

一宮:ファンの人にも結構言われるんですけど、「Night Walker」は恋愛の曲ですか?と質問されるんですよね。

:そうなんですよね。だから小声で、「違うんだよ」って言ってるんですけどね(笑)。

――じゃあ、もうライブでは披露しているということですか?

一宮:はい、前回のワンマンライブをした時に新曲として披露させていただきました。

――お客さんからの反応はどうでしたか?

一宮:MVが公開されているんですがかっこいいと言ってくれて、好きと言ってくれる人は多いですね。

森平:ハイスピにしか歌えない曲だよねって言ってくださってますね。

加藤:ハイスピらしさがでてると言われるとめちゃくちゃ嬉しいです。

――そうしたかっこいいという一面はこれまでもハイスピにあった一面なんですか?

一宮:そうですね、ハイスピはかっこいい印象のアイドルなのでハイスピらしさがギュッと詰まった曲になっているんだと思います。今の体制になってはじめてのリリース楽曲なので、メンバー一人ひとりのかっこよさが詰め込まれた曲になっていると思います。それに本当に自分たちの気持ちとシンクロしている部分があるので、ライブで披露していると泣きそうになる時もありますね。

:わたしは心折れそうになった時はハイスピの曲をよく聴いていますね。

丸山:自分の状況に合わせて聴ける曲がハイスピには多い気がします。例えば落ち込んでいた時はこの曲とか。

――これまでの活動の中でお客さんとの絆を感じる瞬間はあったりしますか?

全員:とてもありますね。

森平:それこそ新しいCDのリリースやワンマンが決まった時はすごく喜んでくれます。

一宮:やっぱりそうしたトピックはお客さんとの絆を再確認できるよね。

加藤:お客さんと同じ気持ちを共有できるのは本当に嬉しいですね。

:大きなイベントのトリを飾れる時があったんですけど、その時に「ハイスピのヘッドが決まった!」と大喜びしてくれて、メンバーがツイートをするより前にファンの人たちがそれをツイートしてくれていたんですよね。

一宮:お客さんもハイスピの一員というか、私たちが叶えたい夢や目標に向かって一緒に歩いていってる感じがあるのは嬉しいです。

――ハイスピの今の目標はなんなんですか?

一宮:私たちの今の近々の目標は4月16日に東京の会場のマイナビBLITZ赤坂で、私たちの過去最大キャパのワンマンライブがあるので、そこを超満員にして次のスッテプに進みたい気持ちがあります。このライブではハイスピの未来をみせたいなと思っています。初期メンバーは私だけなんですけど、今までハイスピを続けてきて渋谷のO-EASTでワンマンをすることが大きな目標だったのでそこを達成して。ただそこにたどり着くまでにメンバーも変わったりして色んなことがあったんですけど、新メンバーが入ったりしてきてハイスピはまだまだ上を目指せると思ったんですよね。だから新しいハイスピを見せられたらいいなと思っています。


インタビュー・文/菊池嘉人

ムービーコメントも公開中!⇒こちら

New Single 「Night Walker」 Now on sale

HISPIRITS Official Website >> https://high-spirits.jp
記事の一覧へ