記事詳細

「どんな音楽でもポップに聴こえるのが魔法少女になり隊の強み」

2019/11/25 15:00


ラウドでポップでファンタジーなRPG系バンド・魔法少女になり隊が、3rd Mini Album「POPCONE」をリリースした。今作のコンセプトは「遊園地」となっており、まさにテーマ通りのバラエティー豊かな楽曲たちが収録されている。前作のミニアルバム「∀」(アンチエー)がシリアスでクールな作品であるのに対して、今作は魔法少女になり隊の最大の武器とも言えるポップさが全開になっている。魔法少女になり隊というバンドの大きな武器に改めて気づけたという本作について、ボーカルの火寺バジルとVJ&ボーカルのgariに話を聞いた。



「“楽しいことをやろう”という思いではじまったバンド」


――今作「POPCONE」は前作の影響を受けて作られたそうですが、魔法少女になり隊にとって前作「∀」(アンチエー)はどんな作品になったと位置づけているでしょうか?

gari:前作はメジャーになってからはじめてのミニアルバムだったんですけど、ミニアルバムだと収録曲がフルアルバムに比べて少ないので1つのコンセプトをしっかり表現できるんですね。その中でも「∀」(アンチエー)は、魔法少女になり隊というバンド名から連想されるポップさはあまりださずに、クールな部分を全面に押し出した作品になりました。そうした中で“じゃあ次はどんな作品にしようか”となった時に、もともと魔法少女になり隊がもつポップさやハッピー感が溢れた作品にするのがいいんじゃないかとなったんです。そういう意味では前作との対比というか、そういう所も意識しましたね。

――テーマが「遊園地」なのも非常に魔法少女になり隊らしいですね。

火寺バジル(以下、バジル):もともとずっとやりたいテーマで、そして今作で大事にした“楽しいこと”を伝えるために一番良いテーマが遊園地だなと思ったんです。もともとはgariさんがメンバーにやりたいと伝えていたテーマだったんですけど、全員一致でこれでいこうとなりましたね。

gari:僕らはやっぱりライブを想定して曲を作るので、遊園地というテーマは非常にイメージしやすかったんですよね。

バジル:魔法少女になり隊は“楽しいことをやろう”という思いからはじまっているバンドなので、前作はクールに振りきった分、今作は原点回帰の楽しさを伝えたかったんです。

gari:自分たちが面白いと思うことを音楽で表現することが魔法少女になり隊のやりたいことなので、今作ではそれをすることができました。


「聴いている人を全く飽きさせない5曲」


――今作はgariさんのシャウトが控えめになっていますよね。

gari:そうですね。それは狙ってやったわけではないんですけど、作っていく中でバジルの歌とのバランスが自然とそうなりました。3曲目の「Zombies bop」ではラウド・サウンドでゴリゴリな曲になっているので、全く入ってないわけではないのでいいかなと。結果的に魔法少女になり隊がやりたいことをやると、どれだけゴリゴリした曲でもなぜかポップに聞こえるんですよね。

バジル:そこがうちらの持ち味だと思います。楽曲はすべてギターのウイさん(ウイ・ビトン)が作っていて、今作は歌詞を他のメンバーの三人が全員書いたんです。メンバー全員でアイディアを出し合って作ることで、5曲ともサウンドも歌詞もバラエティー豊かな曲になっていて、聴いている人を全く飽きさせないと思います。

gari:2曲目の「メリーゴー エンドオブザワールド」は僕らがウイさんに「遊園地といえばメリーゴーランドやメルヘン感をイメージできる三拍子の曲を入れたい」とリクエストをして、彼をめちゃくちゃ困らせました(笑)。

バジル:「三拍子の曲聴きたいな〜」って皆で言ってたんです(笑)。

gari:ウイさんは四拍子畑の人だから引き出しにそもそも三拍子がなくて困っていましたね。ただ苦戦しながらも色んな三拍子の曲を聴いてくれて、そこからしっかり魔法少女になり隊らしい曲に仕上げてくれたのはさすがです。最初にこの曲を聴いた時に良すぎて笑っちゃいましたもん。それぐらい“良い曲だな”と素直に思えて。


「歌詞にでてくる主人公の女の子にはそれぐらい可愛くあってほしい」


――先ほどおっしゃっていたように全5曲がどれも曲調の違う内容になっていますが、歌詞を書くメンバーはどのように決めていったんですか?

gari:そこはもう完全に阿吽の呼吸ですね。ウイさんがあげてきたデモ曲を聴いて、他のメンバー3人が直感で書きたい曲を書いていく感じです。今回みたいな歌詞の書き方をしたのは前作からなんですけど、メンバーひとりひとりの世界観を歌詞でもしっかり出した方が面白いんじゃないかと思ったんです。メンバー全員が作詞をするというのはおもいきった決断だったんですけど、それが功を奏して、より魔法少女になり隊の世界観を作りだせたんじゃないかと思っています。

バジル:そうですね。そういうフィーリングの部分も私たちはとても大事にしていて、私は今回4曲目の「シャボン」の歌詞を書いたんです。

――遊園地というテーマがある中で、バジルさんは「シャボン」をどのように作詞していったんですか?

バジル:このアルバムの曲たちはそれぞれイメージしたテーマがあって「コースター」はジェットコースター、「メリーゴー エンドオブザワールド」はメリーゴーランド、「Zombies bop」はお化け屋敷、「まぶたの裏のLEDライト」はパレードなんです。それで「シャボン」は遊園地から帰る時の切ない気持ちがテーマになっています。私の中でそれを表現するのにラブソングがぴったりだったので、遊園地とラブソングをあわせた歌詞の内容にしました。裏テーマだとフルアルバムに入っている「ハッピーエンドの魔法」という曲があるんですけど、それも私が作詞をしていて、この曲はそのアナザーストーリーになっています。「ハッピーエンドの魔法」に出てくる男女がどうなったのかが、この曲を聴くと分かるかもしれません。なので2曲合わせて楽しんでもらえたら嬉しいです。

――違う作品の曲が繋がっているのはとても面白い発想ですね。

バジル:わたしがリスナーでそういう曲があったらアガるんですよね(笑)。“もしかしてこの曲とこの曲って繋がってる?”って気づいたらグッとくるので。

――「シャボン」は女性目線の視点で歌詞が書かれていますよね。

バジル:歌詞自体をとても可愛く書きたかったので女性目線の歌詞にしました。だけど現実っぽくない言い回しにしたかったので「○○かしら」みたいな表現にしたりと、いろんな所にこだわって完成させました。

――確かに歌詞にセリフっぽいところがあって、テレビドラマみたいですよね。

バジル:「○○だわ」とかもわざとそういう言い回しにして、女の子らしさを表現しています。わたしは80年代のアニメが好きなので、そういう言い方がとても可愛いと思うんですよね。わたしにとってこの歌詞にでてくる主人公の女の子はそれぐらい可愛くあってほしいんです。

gari:「○○かしら」って「○○ざます」ぐらい言わないかもね(笑)。

バジル:そうそう(笑)。

――バジルさんの中でこの歌詞にでてくる女の子は具体的にイメージできてるんですね。

バジル:そうですね。細かい設定まで作れるほどイメージできています(笑)。

――今作「POPCONE」を経て、魔法少女になり隊がさらにどんな進化を遂げていくのかとても楽しみにしています。

gari:これからも自分たちのやりことを表現して、魔法少女になり隊の世界観をどんどん広げていきたいですね。そして、このバンドの魅力を多くの人に気づいてもらえるように面白い活動をしていくので楽しみにしていてください!


インタビュー・文/菊池嘉人



3rd Mini Album 「POPCONE」 Now on sale

魔法少女になり隊 Official Website >> https://mahousyoujoninaritai.com
記事の一覧へ
関連情報