記事詳細

パワーを増して間もなく40周年! 完熟のボーカルに酔いしれる魅惑のツアーをお見逃しなく

2019/11/25 10:00


“ラブソングの王様”の異名を取る鈴木雅之は来年グループデビュー40周年を控え、2019年を全力疾走中だ。その始まりは2月にリリースした約3年ぶりのシングル「ラブ・ドラマティックfeat.伊原六花」で、同作はアニメ『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』の主題歌となり配信チャートでも1位を獲得。彼がアニメ主題歌を歌うのはキャリア初であり、いきものがかりの水野良樹が作詞・作曲を担当したことでも話題を呼んだ。そして翌3月には約2年ぶりのオリジナルアルバム「Funky Flag」も発表。この作品は曲ごとに異なるプロデューサーを招いて作られ、そのラインナップには小西康陽、冨田恵一、布袋寅泰、高見沢俊彦(THE ALFEE)、西寺郷太(NONA REEVES)といったそうそうたる面々の名が! これに加え、いとうせいこう、奥田健介(NONA REEVES)、野宮真貴、堀込高樹(KIRINJI)、松井五郎、森雪之丞らも参加。最高峰のプロデューサー陣が織りなすサウンドにのって鈴木の歌声がファンキーに舞う、ゴージャスでカラフルな一枚に仕上げられた。またこれを掲げたツアーも4月から行い、全国20か所以上を巡っている。

 しかし、今年の“Martin”はこれだけでは終わらない。8月には“アニサマ”こと一大アニメソングイベント『Animelo Summer Live 2019 -STORY-』にも初出演し新境地を開くと、9月には新曲「ポラリス」がNHKプレミアムドラマ『盤上の向日葵』のテーマソングとしてオンエア。しかもこれは鈴木が以前から親交のあるアンジェラ・アキにプロデュースを依頼した楽曲で、彼女がドラマと鈴木のことをイメージして書き下ろしたという。そんなゴスペルテイストの壮大なバラードは、彼の新たな名ラブソングの一つとなった。

 そしてこの勢いのまま突入するメモリアルイヤー、2020年のツアーも開催決定! 4月から3か月ほどをかけて約30か所を巡る今回は、東海エリアのファンにとって名古屋・静岡・岐阜の3公演が組み込まれた絶好のチャンス到来となる。40年をかけて磨き上げられた熱く、深く、渋く、甘く、せつないボーカルに、頭の天辺から足の爪先までシビレる夢のようなひと時を思う存分お楽しみあれ!

Text by 服田昌子

masayuki suzuki taste of martini tour 2020

2020/4/17(金) 日本特殊陶業市民会館フォレストホール
2020/4/19(日) 静岡市民文化会館 大ホール
2020/7/11(土) 長良川国際会議場
11/26(火)よりSFP WEB会員受付!


記事の一覧へ
ライブ情報

鈴木 雅之
masayuki suzuki taste of martini tour 2020

2020/04/17(金)
日本特殊陶業市民会館フォレストホール

鈴木 雅之
masayuki suzuki taste of martini tour 2020

2020/04/19(日)
静岡市民文化会館 大ホール

鈴木 雅之
masayuki suzuki taste of martini tour 2020

2020/07/11(土)
長良川国際会議場
関連情報