記事詳細

「『サンキューツアー』は今までの感謝の気持ちと、これからもよろしくねっていうのを楽しくお届けできたら」

2019/11/11 16:00


1年前のデビュー以来、怒濤のリリースラッシュで人気上昇中のスピラ・スピカ。
10/23にリリースされた5thシングル「Re:RISE -e.p.-」に収録の「リライズ」は、メジャーデビュー曲「スタートダッシュ」に続き、再びアニメ『ガンダムビルドダイバーズRe:RISE』とのタイアップ。
突き抜けるような幹葉のヴォーカルと爽快なポップロックは、アニメファンの心も鷲づかみ。今年は夏のライブイベントでもその実力を発揮した。
徳島弁もそのままに、幹葉(Vo)が熱い思いを語ってくれた。



「みんなで力合わせて進んで行く主人公たちに自分たちを重ねることができました」


――スノーマンからスピラ・スピカに改名してもうすぐ2年。どんな変化がありましたか?

スノーマンのころから知ってくれている人が新しい名前を受け入れてくるかな、慣れてくれるかなと心配してたんですけど、みんなすっと受け入れてくれました。そういう不安は解消されました。

――ラテン語でスピラは希望、スピカは青白く光る一等星だそうで。

もともとのスノーマンというバンド名にはとくに意味がなかったんですが、私たちは悩んでいたり一歩踏み出せずにいる人の手をひっぱっていけるような応援歌を歌っていたので、スピラ・スピカというバンド名には、“どんなに暗い道でも希望の光で導く”という意味を込めて、より今作ってる音楽が届くようなバンド名にしました。

――バンド名からスタンスを表してますよね。

そうですね。それに沿った曲が今はもっとできるようになったなと、この1年で思うようになりました。

――それにしてもリリースのサイクルが早いですよね。

そうなんです。今年に入ってから4枚目になるんです。とてもありがたいです。

――新曲「リライズ」は、アニメ『ガンダムビルドダイバーズRe:RISE』のオープニングテーマです。メジャーデビュー曲「スタートダッシュ」も『ガンダムビルドダイバーズ』のエンディングテーマでしたから、今回2度目ですね。

メジャーデビューで関わらせてもらったアニメに、また参加できることがすごい嬉しくって。『ガンダムビルドダイバーズ』がきっかけで知ってくれたファンの方が多いけん、みんなも「お帰り〜」って喜んでくれました。

――今回はどんな風にガンダムの世界を広げていったんですか?

まずシナリオを読ませていただいたんです。前回は同じ目的に向かってみんなでがんばって行こうだったんですけど、今回は目的も性格もバラバラで、そこから仲間になって一緒に強くなっていくストーリーで、前作よりも大人びたストーリーだと感じました。私たちもこの1年で学んだこととか感じたことを思い返し、活動していく中で上手くいかんこととか、落ち込むこととかもあったりして、そういう気持ちが主人公たちの気持ちにリンクするというか。

――重ね合わせたんですね。

はい、そこを歌詞に落とし込んでいきました。サビの歌詞で、”きっとこの空の下で 僕ら一人一人が 弱さを抱えているのは 一人で生きていかないため”とあるんですけど、スピラ・スピカのメンバーも一人ひとり頼りなかったり、だらしなかったりするんです(苦笑)。たぶん一人だったら上手く走れなかったり、立てなかったするんですけど、3人が集まってみんなの力を合わせてスピラ・スピカの音楽ができとるんだなって改めて感じて、一人だったら前へ進めん時があるけど、みんなで力を合わせて進んで行こうとしている主人公たちと重なりました。もしかして自分は一人かもしれん、居場所がないかもしれんと思ってる方も、この曲を聴いて、私は一人じゃないんだって、スピラ・スピカがおるけん大丈夫、前に進んでみようって思ってもらえたらいいなと思います。

――「リライズ」に込めたものとは?

これはアニメのタイトルと一緒で、再び上昇するという意味ですね。「スタートダッシュ」でメジャーデビューをしてこの1年走ってきたんですけど、改めて支えてくれる人の存在とか、自分たちの今までのことを振り返りながら、もう1回ここから走り出したいという気持ちがあったので、ピッタリだと思って、「リライズ」にしました。

――サウンド的にも勢いがありますね。

登場人物たちが抱えている悩みが複雑な気がして、それを音で表すのに、ベースのますだは今までにはないくらい大きくうねるように一曲を通して弾いていて。ギターも特にサビの後ろで、胸がぎゅっとなるというか、せつなさを感じるフレーズを弾いています。それぞれが主張しつつもリライズというテーマでまとまったバンドのアンサンブルにも注目してもらいたいです。

――カップリング2曲もガンダムソングです。歴代の「STAND UP TO THE VICTORY 〜トゥ・ザ・ヴィクトリー〜」と「ETERNAL WIND〜ほほえみは光る風の中〜」。ご存知でしたか?

私は『ガンダムビルドダイバーズ』からガンダムの世界を知ったのでまだまだ歴は浅いのですが、ギターのてらくんとベースのますだは昔から観ていたようで。

――この2曲をカバーするいきさつは?

そもそも私たちはカバー曲をやったことがなくて、カップリング曲も今までにないあらたな挑戦をしたいと思ってカバーをすることにしました。でもガンダムの名曲ってたくさんあるので、どの曲をカバーするのかかなり迷いました。

――ほんとに。

だからまずは昨年行われていたファン投票でのランキングも参考にしながらみんなで話し合って、ガンダム作品を観返したり、ガンダムが好きな方に相談したりしました。そこから5曲くらいに絞って、私が仮歌を録って、どれがスピラ・スピカにしっくりくるか話し合った時に、「STAND UP TO THE VICTORY」は割と早めに、これはスピラ・スピカにピッタリじゃないかと。

――そうなんですか? 原曲を聴き直しましたが、そもそも男性ヴォーカルの歌ですし。

メッセージ性や勢いとか、自分たちがライブでやってるイメージがすぐにできて。それと、私たちの曲にはバンド名から“星”って歌詞が入ってる曲が多いんですが、、この曲も“あの星をつかんでみせる”って“星”が入ってるんですよ。メンバーもスタッフも総意で即決でした。

――なるほど。

でも3曲目はなかなか決まらなくて。

――2019年に行われたガンダムシリーズ楽曲投票で第3位に輝いている、森口博子さんの名曲ですね。

ここまでのバラードはやったことがなくて、最初はとても不安でした。男性の曲だったら、女性が歌うだけでイメージが変わるけど、女性の曲は自分らしさを探すのに苦労しました。だけど挑戦すると言ってるならば、ここまでのバラードの名曲をやってみたいという気持ちと、仮歌をうたってる時に、自分なりに歌いこんでみたいなって思いも出てきて。

――今までとはがらっと雰囲気が違いますし、難しかったのでは?

むちゃくちゃ難しかったですね。

――森口さんとお話はされたんですか?

お会いしたことはないんですけど、当時のものと2015年に出された新しいバージョンを聴いたり、でも、あまりにも聴きすぎたら無意識に寄せていっちゃうこともあるからほどほどにして。あとはこの曲が主題歌の映画を、自分だったらこういう風に歌うとか考えたりしながら観ました。レコーディングの時は無音で映画を流した携帯電話を前に置いて歌いました。レコーディング面でもあらたな挑戦ができました。

――アレンジ面でいくと、「STAND UP TO THE VICTORY」では熱いロックナンバーを明るく爽やかなスピスピ調に変えていますね。

この曲はここ最近リリースしている曲の中でもバンド感が強いので、とくにギターの寺君が楽しそうに弾いていました(笑)。

――ギターのリフが印象的ですもんね。

原曲の良さを大事にしつつ、スピラ・スピカの前向きな感じや疾走感、あと少しだけきらっとした感じを入れました。それと、アレンジャーさんのサプライズで、間奏のところで”タラタラタラタラ”っていう音が入ってて、これは8月にリリースした4枚目のシングル「イヤヨイヤヨモスキノウチ!」の”イヤイヤイヤイヤ”のメロディーが隠されています。そういうのも入っとるけん、原曲とは違うスピラ・スピカの良さが出たんじゃないかな。

――面白い試みですよね。一方の「ETERNAL WIND」はサウンドの広がりに引き込まれます。

今までバラード曲が少なかったので、レコーディングには苦戦しました。ギターの寺君やベースのますだは、より歌をひきたたせる演奏を心がけていました。これをライブでやるのが自分たちでもまだ想像できてないから、どんな感じになるんだろうってすごい楽しみです。

――ちなみにガンダムって実は名古屋生まれってご存知でしたか?

え〜っ、ほーなんですか!

――名古屋テレビの制作なんです。

じゃあもっと名古屋でガンダムのイベントとか私たちもっとした方がいいかもしれないですね!(笑)。


「名古屋は毎回1曲目からお客さんのパワーを感じられます」


――ライブと言えば、SACRA MUSIC FESをはじめ今年は大きな会場でやりましたね。

初めての幕張メッセで、とにかく緊張しました。そして、この夏にAnimelo Summer Liveに出演しまして、そこがさらに大きいさいたまスーパーアリーナで。一言で言うと、こんなに楽しいのかって思いましたね。

――圧倒されますか。

今までペンライトの中で歌うことがなかったので、ペンライトの色がすごいキレイで、視覚的にもビックリしました。新人の私たちを、皆さん優しく迎えてくれて、楽しんでくれて、ファンの方ってすごいあったかいなって思って。

――それをきっかけに好きになってくれた人も多いのでは?

そうですね!私たちのことを初めて観る方も多くて、スピラ・スピカの雰囲気、楽曲をたくさんの方に伝える事ができました。8月の自主企画とか、10月の東京ワンマンライブも早い段階でソールドアウトになりました。純粋にスピラ・スピカの音楽が広がってるんだなって実感できました。

――12月から『スピスピに出会ってくれてサンキューツアー』が始まり、名古屋は1/13 ell.FITS ALL。どんなライブになるんでしょう。

メジャーデビュー1周年を迎えてからの初めてのツアーになります。インディーズの頃はもちろん、メジャーになってからもほんとすごいたくさんの人に会って、いろんな人に支えられながらここまでちゃんと走ってこれたんだなっていうのをメンバー全員が実感したんです。だからライブで直接気持ちを伝えたいと思って、タイトルを『サンキューツアー』にしました今までの感謝の気持ちと、これからもよろしくねっていうのを、楽しいライブでお届けできたらなって思っています。

――「イヤヨイヤヨモスキノウチ!」の踊りもみんなで踊れるんですよね。

ほーなんです、阿波踊りです!。

――幹葉さんの出身地が徳島だから、阿波踊りをモチーフにしてるんですよね。あと「じゃんけんキング」も楽しそうです。

誰もが楽しめるじゃんけんの曲ですね。サビの最後に「さあ、みんないくよ、じゃんけんぽん!」っていうのがありまして、「うわあ〜、負けた〜何勝何敗や〜」って楽しんでいただく曲になっています(笑)。

――ライブで大事にしてることは?

この前なんだろうって、メンバーでいっせーのーでってやったら、見事にみんな一緒で「楽しむ気持ち〜」って言ってたんです。(拍手しながら)素晴らしーっと思って。

――素晴らしい! 意志疎通ができてますね。

全員一致でした。この1年活動してきて、すべてのことをまずプラスから入れるようになりました。恥ずかしいよな、ダサイよなと思うこととかも、1回やってみようっていう気持ちを全員持てるようになったんです。実際にやってみると楽しいことが多くって、ライブのじゃんけんとかも、もしかしたら他のバンドマンからしたら「なにやってんだよ」って思われるかもしれないんですけど、やってる自分たちもすごく楽しんじゃってて、それが観に来てくれとるみんなにも伝わってるといいなと。私たちもみんなが楽しんでくれとる顔とか、コール&レスポンスで返ってくる声とかでよりワクワクするので、ファンのみんなとの掛け算で、もっともっと楽しい空間が広がったらいいなと思ってます。

――観客も含めてライブですからね。

スピラ・スピカはファンの方と一緒に走っとるみたいなイメージがあるんです。リリースがいっぱいできるのとか、ワンマンライブが名古屋とか各所でできるのも、みんなが一緒に走ってくれとるけんだよって。サンキューツアー』ではそれをちゃんと目を見て伝えられたらいいなと思ってます。

――これまでのライブで印象的な出来事などは?

1回お腹にカイロを貼ったままライブをし始めちゃったことがあって、熱いに決まってるじゃないですか(笑)。体温も上がればカイロの温度も上がるんですね。お腹がむっちゃ熱くなって、途中で絶えきれなくなって「ちょっとカイロ外してきまーす」ってステージから退出したことはあります・・・。

――そういう時って逆に盛り上がりませんか?

「カイロー!」って盛り上がりました(笑)。毎回毎回、同じライブはないんだなって、みんなから感じさせてもらいます。

――名古屋のファンはいかがですか?

名古屋の方はいつも、熱いんですよ。毎回1曲目からお客さんのパワーを感じられます。やっぱカツとかよく食べてるからですかねえ(笑)。声も大きい気がします(笑)。

――ファンからもらった言葉で嬉しかったものは?

くれた言葉をいつもそのまま返したくなるんですけど、スピラ・スピカが頑張ってるから自分もがんばれたみたいな言葉がすごく嬉しいです。それこそ一緒に走ってるんだなっていうのが感じられて。

――これからどこに向かって走っていきましょう。

今まではソールドアウトが遠い存在だったんですけど、前回のツアーから名古屋もソールドアウトになったりとか、徐々に観てくれてる人が増えて嬉しいなという反面、ソールドアウトってことは観たくても観に来れんかった人もおるなって思うと心苦しいので、全員がちゃんと観られるような大きさ、規模を広げていきたいなって。名古屋だとどこでやるべきだと思います?

――やっぱり最終的には日本ガイシホールでしょうか。

日本ガイシホールを目指して! 名古屋の皆さんと走っていきたいです。


インタビュー・文/深見恵美子



New Single 「Re:RISE -e.p.-」 Now on sale

スピラ・スピカ Official Website >> https://spiraspica.com
記事の一覧へ
関連情報