記事詳細

「カルメン・マキ&OZ」Again!! 奇跡の復活!デビュー45周年、期間限定の再結成ツアーが決定!

2019/07/19 11:00


「カルメン・マキ&OZ」Again!! 奇跡の復活!
デビュー45周年、期間限定の再結成ツアーが決定!


今年、デビュー45周年を記念した期間限定の再結成となる全国ツアーが、クラブチッタを皮切りに、札幌、大阪、名古屋、福岡で決定した。昨年の復活ライヴをさらにスケールアップした内容で、カルメン・マキ&OZ の代表曲を網羅する集大成の限定ライヴとなる。

2018年10月7日にクラブチッタで行われた、カルメン・マキ&OZ の一夜限り41年振りの単独公演のチケットは発売と同時に売り切れとなり、プラチナ・ペーパーと化した。その2時間半を超えるステージは、41年間のブランクを全く感じさせない現役バンドであることを超満員の観客に改めて認識させ、白熱のパフォーマンスと圧倒的な存在感で往年のマキOZのファンのみならず、ハード・ロック、プログレッシヴ・ロック・ファンを魅了した。

―カルメン・マキ&OZ プロフィールー
日本のロック界の黎明期を代表する伝説のグループ。1972年にカルメン・マキが春日博文らと共に「カルメン・マキ&OZ」を結成。1974年11月にキティレーベルからシングル「午前1時のスケッチ」でデビュー。翌年の1975年1月にはファースト・アルバム「カルメン・マキ&OZ」をリリースして10万枚を超える大ヒットとなり、日本のロック界の金字塔となる。アルバムに収録された12分に及ぶ大作「私は風」は今も多くのアーティストにリスペクトされ続けている。同年には、グランド・ファンク・レイルロードやジェフ・ベック・グループらの海外アーティストと共演した。
セカンド・アルバム「閉ざされた町」(1976年)、サード・アルバム「カルメン・マキ&OZ 3」(1977年)の3枚のオリジナル・アルバムと新宿厚生年金会館と日比谷野外音楽堂でのライヴを収録した「カルメン・マキ&OZ LIVE」(1978年)の1枚のライヴ・アルバムを最後に活動停止。以降復活を望まれながら実現に至らなかったが、2018年10月に奇跡的に41年振りの単独公演を行って音楽業界とロック・ファンに衝撃を与えた。2019年の11月にはデビュー45周年を記念した期間限定の再結成となる全国ツアーをスタートさせる。


カルメン・マキ&OZ 
45th Anniversary and “the Last Tour” 2019

12月5日(木)
名古屋ダイアモンドホール
開場 18:30 / 開演 19:00
メンバー: カルメン・マキ(ヴォーカル)、春日博文(ギター)、川上シゲ(ベース・ギター)、武田“チャッピー”治(ドラムス)、厚見玲衣(キーボード)


公演オフィシャル・サイト: http://clubcitta.co.jp/001/carmenmaki-oz/

記事の一覧へ
関連情報