記事詳細

美学を貫き通した渾身のニューアルバムをリリース!BIGMAMAのVo.金井政人&Vio.東出真緒にインタビュー!

2018/12/07 10:00

ヴァイオリンを擁するロックバンドのBIGMAMAが、ニューアルバム「-11℃」をリリースした。今作は「躰」というテーマをもとに彼らが彼ららしくあるための美学を貫いて完成したアルバムであり、そこにはボーカル・金井政人(vocal&guitar)の強い意思が感じられる。インタビューでは金井と東出真緒(violin&keyboard&chorus)の二人に語ってもらった。



――ニューアルバム「-11℃」はBIGMAMAらしく明確なテーマがある作品ですね。今回は各楽曲を躰(からだ)に見立てています。

金井:そのテーマにした理由は2つあって、1つは今作からメジャーにフィールドを移したんですけどそこにきちんと意味や対価をもたせたかった。自分たちの音楽はバラ売りではなくて、一つの作品としての完成度を高めていきたいんです。その中でメジャーのフィールドになるとより不特定多数の人にBIGMAMAの音楽を触れてもらえることになるので、どんなフィールドでも対応できてコンセプチュアルなものに仕上げる必要があったんです。そう考えた時に『躰』というテーマはそれに対応できる力があるなと。そのきっかけは「Strawberry Feels」を書いた時に思い浮かんだんですけど、『躰』というテーマはアルバムの世界観をより拡大できると思ったんです。

――もう1つはなんですか?

金井:さっきの理由は技術的な面で、今から話すのはもっとピュアな子どものような気持ちの理由で。プラモデルのパーツを解体する感覚というか、一度集まっているものをバラバラにしてみたくなったんです。そういう衝動的な理由が同時にあったので、躰のパーツを12分割して曲を作るというアイディアが自分の中で創作意欲を掻き立てられる理由でした。

――BIGMAMAのアルバムには毎回明確なコンセプトがありますが、それは制作中に他のメンバーには共有するんですか?

金井:今回はいつもに比べるとコンセプトの理由を共有した方だよね。

東出:そうですね。スタジオでたまたま話している時に、今回は『躰』をテーマにすることを知りました」

金井:聞かれなかったら話さなかったと思いますね。バンドの中でそれぞれの役割がはっきりしているので、適材適所で力を発揮してくれればいいんです。僕が他のメンバーに信頼をおいている場所もそれぞれ違うし、説明しすぎる事が絶対に良いことだとは思わないですしね。ここまでは伝えてここからは伝えない方が良いものができるんじゃないかという線引はしっかりあります。

東出:だから彼が12個のパーツに分けてそれを1つのアルバムとして描こうとしていることも後々分かりました。作詞のことは金井君に100%任せているので、サウンドの事に関しては音だけで考えています。メロディーや歌詞がある時はそのイメージに合わせた音を作っていく時もありますし、ロックバンドのヴァイオリンというポジションとしてBIGMAMAのオリジナリティをだせたらいいなと思っています。特にボーカルのメロディーにそったヴァイオリンの音色はとても大事だと思っているので、そこはいつも意識していますね」

金井:BIGMAMAの音楽を作って皆さんに音楽を届ける時の作曲と作詞の割合は、9:1ぐらいなんですね。稀に歌詞をすごく大切にして作ろうという時もあるかもしれないけど、基本的に5人で曲を作っている時に僕がアルバムでどういう事を描きたいかは他のメンバーは分かっていない事が多いし、僕自身も作曲をしてから決めることが多いんです。ただ僕が思うに世の中のBIGMAMAの音楽の受けとられ方って、6:4で歌詞と曲だなと。

東出:そりゃそうだよ(笑)。金井君の作詞家としての才能は、歌詞を読んだ誰もが思う部分だと思いますからね。ただ歌詞だけでなくBIGMAMAはサウンドでもそれだけドラマチックなものを作れているなと自負しています。

金井:コンセプトはあくまでBIGMAMAの音楽を知る入り口であるから、歌詞ってそういうものなんだなとインタビューしてもらって気づくというか。でも実際にそこにたどり着くまでには5人でサウンドを作っている作業があるんです。ただ言葉はバンドのイメージを決定づけるものでもあると思うので、そこに対する緊張感と辟易している感じも同時にずっとあって。それを一番良い形でバランスをとりたいという時に、こうしたテーマとアルバムタイトルで世に発表できた事は、BIGMAMAが今一番かっこいい選択肢を選べたんじゃないかなと思っています。

――今作のサウンドもBIGMAMAらしいロックの枠にとらわれない印象を受けました。

金井:今回のアルバムに関しては、最初に曲の原型をもってくる事が多いリアド(drums&programming)と柿沼(guitar&vocal)には“これまでのようにサウンドを多彩にしないでほしい”というリクエストをしました。初期のような楽曲から最近の楽曲の方向性を1枚のアルバムにまとめると窮屈になる感覚があったので、前作や前前作で広げていった音楽の幅を今回は狭めたいと。つまり勝負する場所を絞りたかったんですよね。これまでは12曲あれば12方向の音楽性があったんですけど、今回は12曲が同じ方向を向いている作品を作りたい意思が強かったです。

――今回はもっと方向性を絞った方がより多くの人に届くという感触があったのでしょうか?

金井:今、世の中にいるアーティストやバンドがみんな同じ所に行きそうな気がしていて。それは世の中が求めている方向にアーティストがリサーチして感づいて、それを曲にするという。世の中が便利になりすぎたから、そういう意味で下手したら皆が同じようなニュアンスの音楽を作ってくると思っているんです。こういうものが流行ってるから、こういう曲を作ろうとかそういう事ですね。で、自分たちの存在価値を高めてBIGMAMAの品質を保持するために、僕たちはそこから乖離したいんです。品みたいなものに近いかもしれない。そういった事を考えた時に僕らは圧倒的に孤立してもいいから、それを見せるためには色んな方向の曲を作るよりもバンドとして“これ”というものを提示して存在した方がいいと。ベストアルバムを経てそうした事を大切にした方がいいと思えたので、よりプロフェッショナルでいたい。他のバンドが勝負していない所できちんと勝負をして、ピラミッドに属さない。そういう事を自分に言い聞かせて心がけていたら、この作品にたどりつきました。シンプルにヴァイオリニストのいるロックバンドの純度をあげることに力を注げたので、すごく筋が通せたと感じています。これで嫌われたら仕方ないなと。

――そうした事を思えたのはバンド10周年の節目にもなった日本武道館をソールドアウトさせたことにも繋がっていますか?

金井:あの日が今までの10年の完成品になってはいけないと思っていて。今まで積み重ねてきたものがあってあの日があったんですけど、ここからどうするかと思った時にもっとBIGMAMAとして突き抜けなければいけないと感じたんです。5人の中にあるストロングポイントをもっと磨いていく事でそれが最大の武器になるし、それを外側に求めてもしょうがないなと。自分たちの中で一番研ぎ澄まされている所、あるいは狂っている所、アーティストとして自分たちにしかない所を突き詰めていかないと武道館を通過点にすることはできない訳で。それに加えてどんどん歳もとっていくから、若さがあるからできることや許されること、似合うことではない所で勝負しないといけないと思っています。だから大事なのは説得力と迷わないこと。それは結局、さっきの話にも通ずるんですよね。そうした意識をもってバンドをしていけば、自分たちの品を下げることなく世の中に音楽を届けられると思うので。

――今作のリリースツアーがクリスマスからはじまりますが、どんなツアーになるでしょうか?

金井:特にこのアルバムの曲たちは、今までの曲との相性が良いと思うんですね。これまでの活動で積みあげてきた事と、このアルバムで作り上げた世界がうまく1つになってくれるんじゃないかというイメージが今の段階でもあるんです。アルバムツアーはその作品に特化したライブになる印象があるとしたら、今までで一番積み重ねてきたものが活きるツアーになると思うんですね。そして、先ほどから言っている他のバンドとの差別化や自分たちにしかできないものの結果をだす場でもあると思っています。


インタビュー・文:菊池嘉人


New Album 「-11℃」 Now on sale

BIGMAMA Official Website http://bigmama-web.com/
記事の一覧へ
ライブ情報

BIGMAMA
major 1st album “-11℃” リリースツアー 「+11℃」

2019/01/22(火)
Live House浜松 窓枠

BIGMAMA
major 1st album “-11℃” リリースツアー 「+11℃」

2019/02/11(月)
Zepp Nagoya
関連情報