記事詳細

あの感動が“おかわり”でカムバック!平成のラストシーズンにふさわしい、米米CLUBの華やかなツアーが間もなく始まる。

2018/10/25 10:00

あの感動が“おかわり”でカムバック!
平成のラストシーズンにふさわしい華やかなツアーが間もなく始まる


 大ヒットチューン「浪漫飛行」や「君がいるだけで」などで、80年代後半から90年代前半に一世を風靡した稀代のエンターテイナー、米米CLUB。彼らは1997年の解散を経て2006年に見事復活。そして2015年にはデビュー30周年を迎え、近年はさらにパワフルな活動を展開している。特に昨年は“あの頃の米米をもう一度!”をキャッチコピーに、キャリア初のオールタイムベストアルバム「LAST BEST 〜豊作参舞〜」を、“米米の日”である8/8に発表。前出の2曲のほか、「Shake Hip!」、「KOME KOME WAR」、「ア・ブラ・カダ・ブラ」といった人気ナンバーが連なる豪華なラインナップでファンを狂喜乱舞させた。また、これに続いて同作を引っ提げた約4年半ぶりとなる全国ツアー『a K2C ENTERTAINMENT TOUR 2017 〜おせきはん〜』も開催。作品同様に代表曲の数々はもちろん、マニアックなナンバーも披露し、追加も含めた全16公演で圧巻のパフォーマンスを見せ付けた。しかも、1/9に行われた東京・NHKホール公演での模様は映像化され、今年の“米米の日”にリリース。そこにはファンの間で“伝説”とうたわれる“マドロス3部作”の「いとしのドミンゴ」、「ブルース錨の波止場」、「オイオイオイ マドロスさん」も収められ、“これぞ米米!”といった見どころ十分の内容で、会場に行くことができなかった人も、実際に目撃できた人も大いに満足させたばかりだ。しかし! そんな余韻に浸っている暇はない。なんと、早くも来年1月からのホールツアーが決定したのだ!

 今回のツアーは、その名もずばり『a K2C ENTERTAINMENT TOUR 2019 〜おかわり〜』! 大盛りの“おかわり”は全26公演にもなり、前ツアーよりエネルギッシュに日本中を行脚する。当然、そのステージもパワーアップすること間違いなしで、名曲からコミカルな楽曲まで、セットリストも最強となることだろう。また、彼ららしいゴージャスかつユーモアたっぷりの演出やダンスにも期待が高まるばかりだ。平成の音楽シーンを鮮やかに彩ってきた米米CLUBの、平成最後のツアー。彼らと一緒に歌って踊って、笑って泣いて、ハッピーに次の時代へと漕ぎ出そう!

Text by 服田昌子

a K2C ENTERTAINMENT TOUR 2019 〜おかわり〜

2019/2/3(日) 静岡市民文化会館 大ホール
2019/3/1(金) 名古屋国際会議場 センチュリーホール

記事の一覧へ
ライブ情報

米米CLUB
米米CLUB 「a K2C ENTERTAINMENT TOUR 2019 〜おかわり〜」

2019/02/03(日)
静岡市民文化会館 大ホール

米米CLUB
a K2C ENTERTAINMENT TOUR 2019 〜おかわり〜

2019/03/01(金)
名古屋国際会議場 センチュリーホール
関連情報