記事詳細

大注目の愛知県出身・在住のバンド緑黄色社会が、ミニアルバム「溢れた音の行方」をリリース!ダイアモンドホールワンマン公演決定!

2018/10/12 15:00


長屋晴子(Vo)の力強く透明で時に愛らしい歌声を最大の武器とする愛知県出身・在住 4ピースバンド・緑黄色社会。同級生3人と幼馴染で組まれ、お互いを知り尽くした4人がそれぞれの個性を出し合い、幅広いカラーバリエーションを持つ楽曲・サウンドを生み出している。透き通った長屋のボーカルとポップスを軸とした楽曲によって人気をどんどん拡大させている注目のバンドだ。またpeppe(Key)の型にはまらないフレーズ、小林壱誓(Gt)の柔らかいコーラス、バンドを支える最年少・穴見真吾(Ba)のベースラインも彼女たちの人気を支えている。

今年5月から6月に行われた ライブツアー「リョクシャ化計画2018」は全国各地のチケットが即完する現象となり、その人気の高さを証明してみせた。そんな緑黄色社会がEpic Records Japanよりミニアルバム「溢れた水の行方」を11/7にリリースする。彼らの人気を決定づける傑作となる可能性もあるだけに、ぜひともリリースを楽しみにしていよう。さらにリリースツアーも決定!名古屋はダイアモンドホールで開催されるので、ぜひ会場に遊びに行こう!

≪緑黄色社会 ワンマンツアー「溢れた音の行方」≫
2018/11/24(土) ダイアモンドホール


記事の一覧へ
ライブ情報

緑黄色社会
緑黄色社会 ワンマンツアー「溢れた音の行方」

2018/11/24(土)
ダイアモンドホール
関連情報