記事詳細

初のフルアルバム「YOURS」をリリースしたビレッジマンズストアからVo.水野ギイとGt.荒金祐太朗にインタビュー!

2018/09/18 14:00

“名古屋が生んだ暴れ馬”の異名をもつ5人組ロックバンド・ビレッジマンズストアが、初のフルアルバム「YOURS」をリリースした。今作は新メンバー荒金祐太朗が加入してから初の作品となっているが、メンバー脱退という危機に直面したことで以前よりもバンドがさらに進化したことを証明した快作だ。ニューアルバムのオープニングナンバーとなっている「Don't trust U20」の話を中心に、今のビレッジマンズストアのかっこよさはどこから生まれているのか水野ギイ(Vo.)と荒金祐太朗(Gt.)に話してもらった。



――初のフルアルバム「YOURS」がリリースされましたが、今作を作るにあたっては新加入となったギターの荒金さんの存在が大きいんですか?

水野:荒金祐太朗が入ったことによってビレッジマンズストアがどうカッコよくなったかというのが大事なテーマなんですけど、実はもう1つあって。メンバーが脱退して4人の時に、5人の時とは違ってメンバー一人ひとりが俺たちはバンドシーンでどうやって戦っていけばいいか考えたわけですよ。今までと同じことを同じようにするだけじゃ駄目なんじゃないかと。なのですごく試行錯誤した4人の時に作った曲も意外と大事なものになっていて。

――4人の時にはどんなことを具体的に考えたんですか?

水野:5人の時に当たり前だった形を疑うというか。5人という形をガチガチに固めてやってたことによって、脱退で完璧な形から一人減りましたというのはかっこよくなる気がしなかったし、5人にならないと前を超えることはできないと思っていました。なので音楽的にもパフォーマンス的にも一人ひとりが振り返った上で、その形にとらわれない努力をしようということはすごく意識をしました。

――荒金さんはそんなモードの時のバンドに加入したわけですが、どんなことを意識してバンドに入っていきましたか?

荒金:もともと自分がやっていたバンドとビレッジマンズストアは勢いがあるライブをするという点で似ていたので、ライブに関してはとにかくやりながら自分のカラーをどんな風に発揮できるか考えていました。実際に一緒にライブをやってみると、このバンドは想像していた以上に爆発しているんだなと感じて。リミッターを気にしなくていいライブをすればいいんだと気づいた時から、すごく楽しくライブができるようになりましたね。逆に一緒に曲を作ろうとなった時は、自分のエッセンスをどう入れていけばいいのか全然分からなくて。さっきギイ君が話していた4人の時に作られた「トラップ」を聴いてバンドが新しいフェーズに突入した印象と、バンドの確度がどんどん上がっていっているなと思っていたので。今作でさらに上がっていくとなると、僕の得意とすることはその先にはないなと思っていたんです(笑)。そうしたら『祐太朗が純粋にもってるものを発揮してくれればいんだよ』と言ってくれて、そうして出来上がったのがオープニングナンバーの「Don't trust U20」でした。

――この曲はすごくビレッジらしい曲ですよね。

水野:祐太朗とはもともと持っているものが近いと思っていたので、一緒に作れば自然と“ビレッジマンズストアらしい曲”になると思っていました。だから俺たちもそうだし祐太朗にも迷いはないから、こうした1曲目を任せられる曲を祐太朗が書いてきてくれたことはすごく嬉しかったですね。このアルバムに入っているどの曲よりも入りの音がうるさいっていう(笑)。

荒金:ただ僕としては自分の良さを自然にだしてそれがビレッジらしさになるとは全くイメージできていなくて(笑)。だからこそこの曲が完成して自信もついたし、今は僕もそう思えています。もし自分一人で作っていたらこういう曲にはならなかっただろうし、ビレッジで作ったことで想像を超える曲になりました。

水野:作ってきてくれた祐太朗らしいギターリフをビレッジとして編曲したら、いかにもビレッジマンズストアらしい曲になったんですよね。だからこの曲ができた時は一番成功したなと思った瞬間でもありました。

――タイトルもインパクト大ですが、歌詞の内容も素敵ですね。

水野:ヒッピー文化で『DON'T TRUST OVER THIRTY』という言葉があって、若い人に俺のこと信じてもらえないのかなっていう反発があったりして(笑)。この曲の歌詞で一番大事にしたいのはサビで。世間的に歳をとるとだんだん枯れていくみたいなことを言うけど、20歳や30歳を越えてもどんだけでも不安だし、めちゃくちゃイライラするし。それこそ10代で考えたような事を家で考えたり、たまに危ないこととかしたくなるし。だから世間とのズレが起きていて、そういう人たちに向けて日々のフラストレーションの発散の仕方を教えてやるぜという曲ですね。それは別に道から外れなくてもできるし、今まで生きてきて培ってしまったものを無駄にしない状態で、すべて台無しにすることだってできるんだぜっていう(笑)。サビの〈道徳内で爆破寸前〉という歌詞にはめちゃくちゃにしてやるっていう感情があり、〈人道的な導火線に 正座して着火したんだ〉は周りの目を気にして身についてしまったスキルを表現していて、そういうアンバランスなところで戦ってることを書いてみました。

――このサビの歌詞はとても知的なのに衝動感もあってすごく好きです。

水野:その知的そうな歌詞からの〈J.K.D.I.E〉って歌詞はヤバいですよね(笑)。どんな意味かは伏せておきますけど(笑)。この歌詞を書いて、ただ言わないだけで俺たちはヤバいこと言えるんだって示すことができたと思うし、俺たちはまだ牙は抜けてないんですよね。むしろお前らよりも見えないところに鋭い牙がはえまくってるぜ、と。あ〜やっとこの曲について話せて嬉しい!

――え!? そうなんですか?

水野:今まで誰もこの曲に着目してこなかったから、なんなら歌詞はこのアルバムの中で一番好きですからね。そもそも作り方もサウンドやギターリフ先行で作ったので、ビレッジとしても新しい作り方にチャレンジしたんですよ。その中で自分は祐太朗が作ってきた凶暴なギターリフの間奏をそのまま歌詞にしたみたいな鋭い言葉が自然にでてきて“これだ!”と感じました。作り方含めてこれまでのビレッジのやり方をぶち壊してできた曲なので、この1曲の存在はすごく大きいですね。“らしくても新しい”感じがしっかりあって、意図的に作ろうとしてできたらしさではないからこそ、自分はMVにしてもいいかなと思っていたぐらいです。

――10月には2度目のダイアモンドホール・ワンマンライブがありますね。1度ではなく継続して2回目を迎えられることにすごく意味があると思います。

水野:まさしくそうですね。前回はどこにいっても“ダイアモンドホールでワンマンするんだ!すごいね”という言葉をもらって、その特別扱いが嬉しくもありやっぱり複雑だったんですよね。俺たちにはまだ早かったんだと痛感して。だけど記念的な一回のダイアモンドホールワンマンじゃなくて、こうして継続して二回目ができるっていうことはめちゃくちゃ燃えますね。むしろ、一回目より今回の方が燃えてますよ。あれはマグレじゃなかったんだぞという事を証明するためにも、大事なのはこの二回目のワンマンなので。


インタビュー・文/菊池嘉人


1st Full Album 「YOURS」 2018.8.22 Release


ビレッジマンズストア Official Site http://villagemansstore.com/
記事の一覧へ
関連情報