記事詳細

FABLED NUMBER、メジャー1stシングル「I Bet My Life(or Death)」リリース!新作に辿り着くまでの葛藤、ライブへの情熱、TaichiとMakotoにインタビュー!

2018/07/24 15:00

「人の熱気で火災報知器まわってもうて。それくらい一瞬の最大風速力は誰にも負けへんでっていうのがあるんす」


ダンスポップと本格ロックをミックスさせた高次元のサウンドを展開するFABLED NUMBER。アルバム2枚を経由し、いよいよ待望のメジャー1stシングル「I Bet My Life(or Death)」をリリースする。彼らの中でも最高にアッパーな楽曲となった今作は、今後の方向性を示す重要な楽曲となっている。新作に辿り着くまでの葛藤、ライブへの情熱、メンバーのTaichiとMakotoに聞いた。

メンバー/Eita(エイタ・Vo&Gu)、Taichi(タイチ・Ba)、Makoto(マコト・Gu)、Betch(ベッチ・Dr)、Chii(チー・Key)、Ikki(イッキ・Sampler)



――メジャーシーンに躍り出てもうすぐ1年と数ヶ月。何が変わりましたか?

Taichi:物理的なところで言うとレコーディングの費用がものすごくおりる(笑)、だからいい環境でレコーディングができる。

Makoto:そうですね。

Taichi:あとはキャンペーンとか今までなかったんで。ラジオやったりテレビやったり、いろんな場所で露出することが多くなったっていう。

――実際キャンペーンまわるっていうのはいかがですか?

Makoto:サイコーっすね。

Taichi:東海地区に関しては(笑)。

二人(なぜか関係者を褒め出す)

Makoto:ホントにいろんな人が携わってくれるようになったんで、レコーディングにしても、プロモーションにしても。

Taichi:関係者が必然的に多くなるしね。その変が一番変わったかなあって。

――レコーディング環境が変わったことで、より自分たちの求めてる音に近くなったりは?

Taichi:ま、そうっすね。そういうことですね。

――ただ短期間でアルバム2枚出されて最初は大変だったのでは?

Taichi:いや大変でしたよ、ホンマに。俺らの意向ではなく、アルバムでいこうっていわれましたから。

――で、ここに来てようやくシングル。「I Bet My Life(or Death)」。

Taichi:やっとシングルきたわ思うて。僕らも次はさすがにアルバムちゃうやろ、無理やって(笑)感じてたんで。狙ってシングルなのかわからへんのですけど、メジャーデビューしてアルバム2枚出した時は、日本語詞をちょっと増やすとか、変にバランスを取り過ぎてしまったと思ったんすね。

――「I Bet My Life(or Death)」に行き着くまでには葛藤があったらしいですね。

Taichi:今回のシングル聴いてほとんど英語ってことで変わったことがわかると思うんですけど、それまではライブしていても、俺らの人間性のホントのところじゃないなと思い始めてたんですよ。

Makoto:「ILLUMINATE」と「THUNDER」については、いろんな人と話し合ったりしてその時々の正解を導き出したんですけど、1年経って、とくにサンダーツアーやってる時に、曲をアルバムの世界観に近いカタチで表現して、やっぱりちょっと違うなって。

Taichi:ちょっと洒落乙にやり過ぎたかなって。アルバムとしては芸術性と、緻密に練られたってところで、1つの作品としてものすごくいいんすけど、ライブ来てくれるヤツらはお客さんのほぼメインになるとこで、CD買うんもその子らで、新規獲得するにもその子らのデカい発信がないと、そこを完全に満足さした上で、そこから分母が広がっていくって考えなあかんかったなって思って。というのは、ライブ来てくれる子らはティーンエイジャー多くて、エネルギーあってアグレッシヴなんすよね。ぼぉっと立って音楽にゆるくノッてみたいな感じじゃないんすよ、俺らのライブ自体が。

――お客さんとの間にあるギャップを感じたんですね。

Taichi:なのに聴かせる感じの曲が配分的に多いライブ演出であるとか、歌モノの方に1回寄ってみようかっていう流れが、メジャーデビューしたタイミングであったんですよ。その時はそういう傾向でいいと思ってたんですけどね。ただライブにおいて出てくる俺らの言葉とか人間性って、そこのシーンではなくて、もっとパワーのあるところ、もっと激しいところというか。その時に思ったんすよ。そういう曲をもう一発リードで出そって。インディーズの頃に出してた荒々しさと刺々しさを、あれをもう1回出そって。出すにはいいタイミングやと。でやったら、そりゃもういい感じになってますもん。

――インディーズの頃からハイブリッドな感じだったんですか?

Taichi:やってました、やってました。やってる中で激しさのランクはあるんですけどね、ハイテンポかミドルテンポかって。アルバムの方はミドル寄りの方やったんすよ。そこで若い子らが思いっきり発散できるのかできないのかというところのせめぎ合いがけっこうあって。

Maokoto:インディーズの時とメジャーの時ってそもそも作り方が違って、インディーズの時ってアルバム作る時にこういうテイストにしようっていうのが1個ずつあったんですよ。それをみんなで共有して、こういう音楽を聴いてこういうコンセプトの曲を作ろうっていうのが一応あったんですよ。メジャーのアルバムとかだと、どっちかっていうとどういう層に向けてとか、どういう人たちに向けてみたいなことを考えたんで、その違いは単純にあったかな。

――メジャーシーンを意識し過ぎましたか。

Taichi:いや、僕らの意識というか、もちろん日本語詞の曲を増やしたのはメンバーなんですけど。

Makoto:時代の背景的というか、歌モノの分母が…。

Taichi:その方が多くの人に届くと思ってしまって、でもそうじゃなかった。

――じゃあ今回の「I Bet My Life(or Death)」は本来の持ち味。

Taichi:そうっす。得意なことをひたすらやった。もちろんミドルテンポの曲「Like a Thunder」も十八番で、このハイテンポのヤツもそうなんですよ。今回どっちのテンポにしたかったていうと、速い方にしたっていう。それが今後リードが入れ替わることもあるやろうし、それはその時の状況に合わせますけど、とにかく今はこれやっていう。

――限られたフレーズだけ日本語になっているのは?

Taichi:それはねえ、サビのそこだけを、この曲のアッパーさに添ったようなインパクトのあるワード。そうすることによってサビを印象づけたいっていうのがアイツにあったみたい。

――歌詞を手掛けているのはヴォーカルのEitaさんですよね。確かに残りますね。

Taichi:ま、それ意外、英語やから(笑)。とにかく曲がアッパーで、これだけ攻めて頭からガーンと最大マックス値でいきなりサビから入り、そのテンションを突き抜けるっていう。

――Eitaさんには何かこうした方がいいとかリクエストされたりするんですか?

Taichi:それはあえて言ってないですね。

Makoto:黙認してる。

Taichi:メロディがカッコよければそれでいいと思ってて。

――メロディものせている言葉もカッコよくて、楽器も立ってて、個人的にはサビ手前のピアノの音に痺れました。

Taichi:よく聴いてくれてますね。俺もあそこ好きで、そこばっか何回も聴いてる。

――カップリングの「Windshield」は若干ダンス寄りですよね。

Taichi:そうそうそう。とりあえず1曲目がひたすらアッパーなんで、ミドルというよりダンスミュージックのビート感をギリ損なわない速さでいきたかった。もっと落とした方がやれるアプローチは多いですけど、「I Bet My Life(or Death)」が完全にバンドサウンドしてるから、多少そこに寄せななあ思って。

――曲調の方のバランスは考えた。

Taichi:そうそう。「I Bet My Life(or Death)」が俺らが今やりたいワールドミュージックとエレクトロサウンドが入った、いわゆるフェイブルドナンバーで、次も同じような感じになってまうのが嫌やったんで、十八番のEDMの要素を強め、やけどちょっと速めにしとこみたいな。

――それを言ったらリミックスの「夜の鼓動」もちょっと速めですね。

Taichi:これもちょっと速めにしました。これはちょっと速めにすることによっての疾走感というか、そうっすね、いろいろ試したんですけど、原曲よりは速くする方がいいなあってなって。

――どうしてこの曲を選んだんでしょう。

Taichi:いろいろやりたい曲あったんすけど、レコード会社さんがメジャーデビューしたアルバムの中からこの曲を選んだからです(笑)。「夜の鼓動」かどれかみたいのが挙がって。それやったら「夜の鼓動」やりやすいわってなって。もともとそういう作りの楽曲やったっていうのもあるし。

――やっぱり人気曲でもあるし。

Taichi:やっぱMVにもなってるし、それももちろんありますけど。

――サウンドのパンチ力がアップしてますね。

Taichi:完全にEDM、弦楽器をなんも入れてないんで。ひたすら作り直してっていう。

――FABLED NUMBERといえば、合唱の部分も外せませんよね。客席と一緒にシンガロングできる。

Taichi:ライブに来てくれるお客さんとかそこなんですよね。そこを意識してるし、そこから広がっていく。

Makoto:ライブ自体が非日常的な場所なんで、やっぱ解放されるんで、みんなで歌えるっていうのはすごく気持ちいいとは思いますけどね。そういうみんなでっていう部分がすごく重要な気がして。これを録る時、レコーディングスタジオでメンバーみんなで歌いましたし。

――レコーディングはスムーズに?

Taichi:環境がよくなることと進行がスムーズになることは全然違うところなんすけど、やりなれてるヤツとやるんすよね。1枚目は東京がほとんどだったんですけど、何が最適かコスト面からいろいろ考えて、俺らは大阪にいるから京都の方が便利ってなって、そこに10年くらい一緒にやってるヤツおるから、そいつと一緒にやるっていう。

Makoto:インディーズ時代からずっとお世話になってるエンジニアさんがいるんです。

――ロックとダンスミュージックをミックスさせる音作りは難しそうです。

Taichi:相当手間がかかります。専門的な知識いるし、EDMもホンマ深くまで入らんとわからへんし。本格的な音出してるバンド他にいないと思うんで。海外のDJのトラックメイクしてる人らの音みたいな。そこには方法があって、それをひたすら研究して、バンドに生かすっていう。もう研究の日々です。

Makoto:参考にしてる音楽は勉強というか、いい音楽なんで自然に聴けてるって感じなんですけどね。それに僕たちはプラス弦楽器で歪んだギターとか入れてるんで、音を作る時はエンジニアさんと相談して、上手いバランスを見つけるっていうのに時間がかかるんですよね。

――音もゴージャスですけど、「I Bet My Life(or Death)」のMVもちょっとゴージャスな感じですね。

Makoto:機材運ぶのが大変だった(苦笑)。場所は麻布十番のクラブなんですけど、一応Aプラン、Bプランあって、メンバーで付け加えてくれってなった時にカジノっぽいところで撮りたいっていうので、ああいうLEDとか派手な照明のある場所を最終的に用意してもらった感じなんですけど。

――以前、銭湯で撮影したMVもありますよね。仲良く湯につかって。それに比べると随分お洒落に。

二人:ああ。

Taichi:あれは舞台とかやってる人の脚本だったんで、タッチがシュールで、俺らのやる面白さみたいなのを考えた上での判断だったんかなーって。

――自信作を引っさげ、7/26にはアポロベイスでライブがあります。すでにソールドアウトになっていますね。

Makoto:ありがとうございます!

――人をアッパーにさせるには何が必要ですか?

Taichi:爆発力ですよね、やっぱ。楽曲の激しさもあるんですけど、その次なんすよね。そこに持っていくまでのそいつの話す言葉とか、立ち振る舞いとか、人間力みたいなんが必要で、俺ら押し出すタイプなんすよね。だから今は「I Bet My Life(or Death)」みたいな曲出さなあかんと全部繋がってくるんですけど。アッパーな人間がアッパーな曲やるんが一番話はやい。

――一番わかってるし。

Taichi:自分らの武器わかってるし、一瞬の最大風速力は誰にも負けへんでっていうのがあるんす、頂点に達した時の。そこが一番俺らのいいとこなんすよ。

Makoto:アッパーで、かつ泣かせる。最終的にボロクソに泣いてる人とかいて、とくに男の子がめちゃめちゃ泣いてるんですよ。

Taichi:そう、男泣きがめちゃめちゃ多いんすよ。男気あふれてる。音楽めっちゃ作り込んで緻密にやってますけど、そうやからこそここで上げられる構成になってるのを熟知してて、ここで合わせて一番美味しいところをパフォーマンスに持って行けば確実に落とせるっていうのがなんかあるんで、それを探りながら1曲ずつ進めていけば1つの話できあがるんかなって。

Makoto:1曲目から最後の曲までのドラマチックな展開だとかね。ヴォーカルのEita君のMCとか人間性とか出した後に「I Bet My Life(or Death)」とかやると上がるし響きやすいですよね。曲はその日ごとに変えたりしますし、なんならセトリを作ってても変えたりするもんね。

Taichi:ハコ側からすると、あんまよろしくないけど(笑)。

Makoto:まあフェスとかサーキットとかは変えないですけど。自分たち主催のライブや融通の利くところだと、こうしようかってね。

――名古屋はMakotoさんの地元でもありますけど、なんでも名古屋のライブでは以前、お客さんの熱気で煙を感知するセンサーが作動してしまったこともあるとか。

Taichi:それアポロベイスやったんすよ。火災報知器まわってもうて。もう湯気出てたから人から。

――それだけ解放されるんですね。

Taichi:男の性質上、俺もなんかやらなあかんねんけどできてないみたいなね、そういうところが引っかかってるんでしょうね。

Makoto:自分も昔はライブに行って、モッシュやダイブとかしてたから気持ちはすごいわかるし、ライブは一番近づける瞬間というか、発信してる側もじかに受け止められる場所なんでちょくに響いてるんじゃないかと思うんですけど。そこでいろんな感情が爆発して最終的に泣いて、スッキリして、明日からよくなってくれれば。

Taichi:怪我だけはせんように、ひたすら暴れて帰ってほしい。そういうツアーなんで。

――いいライブの条件はなんでしょう。

Makoto:単純にいい演奏をするのが前提として。

Taichi:プレイヤーとしてちゃんとせなあかんけど、演奏がいいか悪いかなんてバンドによって違うんすよ。荒々しい演奏でヴォーカルが崩れてる時がいいバンドもいるじゃないですか。

Makoto:ああ、そうだね。

Taichi:演奏力や歌唱力うんぬんじゃなくて、いいライブってその時にしか言われへん言葉を言った後に曲。その曲がどこまでピークにもってこられるか。もう絶対ココって場所があって、そこに行くまでにフロントが何言えるか。コイツがどうなんかでたぶん変わってくるんすよ。それが到達できなかったらたぶんダメです。

――ライブへの想いがひしひしと伝わってきます。

Taichi:ロボットがやってるわけじゃないんでバラツキがあったりもしますけど、ただその言った言葉とかが、そん時にしか言われへん言葉が、それが聴いてるヤツらにホンマに刺さった時は、なんかスゴイことが起きてますわ。そういう空気ができてる。だからそういう空気が一番後ろにも届いてたらそれが一番いいライブ。

Makoto:やっぱ感情が昂ぶってくると演奏が荒くなっちゃうことがあるんですけど、ステージの上でみんながそういう気持ちになっていったのなら、まったく問題じゃない。ライブは生モノなんで。その時にしか見えない瞬間じゃないですか。

――FABLED NUMBERとしては何を目指してますか? 過去には歴史に残るようなバンドになりたいと発言していらっしゃいますが。

Taichi:詰まるところはそういうことですよね。ここで収まる気はさらさらないし、とにかく多くの人に聴いてもらいたい。海外にも行きたい。

Makoto:うん。

Taichi:俺はもうビルボードでチャートインしたいとか。具体的にはそういうところっすね。

――今はどんな時期でしょう。

Taichi:今はこの方向性でやっていこうと決めたとこなんで、それをひたすら実践してて、ライブをしながら虎視眈々と狙ってますよ。

Maokoto:気持ち的に今は一番バンドとしていいっすね。関わってくれてる人たちもそうなんですけど、合致して、自分たちの好きな人たちがだんだん周りに付いてきてくれてるっていう感覚もあるんで、いい方向に進んでるってみんな思えてますね。


インタビュー・文/深見恵美子

Major 1st Single 「I Bet My Life(or Death)」 Now on sale


FABLED NUMBER Officical Site http://www.fablednumber.com/
記事の一覧へ
ライブ情報

FABLED NUMBER
FABLED NUMBER presents『Millionaire Tour』〜銭、もろてもええですか?〜

2019/04/12(金)
クラブクアトロ

FABLED NUMBER / and more...
FABLED NUMBER presents 『Millionaire Tour』〜銭、もろてもええですか?〜

2019/05/11(土)
静岡UMBER
関連情報