記事詳細

“うたう最終兵器”こと横浜出身のシンガーソングライター/ポエトリーラッパー、春ねむり。1st Full Album「春と修羅」4月11日リリース!

2018/04/11 15:00

「ぼくときみとでせかいをとりかえす」

春に芽吹いた、うたう最終兵器“春ねむり”
1st Full Album「春と修羅」4月11日発売!


2016年10月にリリースしたデビュー作「さよなら、ユースフォビア」から1 年半。新世代のジェイポップを吹き荒らす、春ねむりファーストフルアルバム『春と修羅』の発売が決定!
昨年リリースしたタワレコメン選出のミニアルバム「アトム・ハート・マザー」に加えて、後藤まりことの衝撃的な共作シングル「はろー@ にゅーわーるど / とりこぼされた街から愛をこめて」。更に今年は東京女子流のリニューアル第1弾シングル「ラストロマンス」に作詞/ 作曲/ 編曲で参加するなど、ポエトリーラップ曲以外の楽曲制作でも新しい才能を開花してきた彼女の集大成とも言える今作。
作詞/ 作曲は全トラック自身が担当! M4. アルバムタイトル曲「春と修羅」は宮沢賢治の文学作品からインスパイアされた入魂の1 曲。激しくうねりを魅せるシューゲイザー&ロックのサウンドに、心の内面を刺激するような言葉の数多はまさに芸術作品。M7.「せかいをとりかえしておくれ」では自分自身を受け入れて力強く“生きている” と叫んで欲しい!という彼女の熱いメッセージが込められた至高の1 曲。今アルバム唯一の編曲を担当した“蓮尾理之” (siraph) のノイジー&エッジーなアレンジとも相性抜群!
また、デビューミニアルバム「さよなら、ユースフォビア」からの人気ナンバー「ロックンロールは死なない」を自身初の生音バンドサウンドで再録音。永遠の初期衝動を感じさせるオルタナティブバンド“突然少年”とのバンドアレンジ、一発録りでのレコーディングを敢行し、心骨の名曲を再構築した。
REMIX ではネットミュージックシーンでもひときわ異彩を放つ新進気鋭の若きSSW “長谷川白紙” が参加。そして確かなスキルとクレイジーなノリで好事家達を唸らせて来た、名古屋アンダーグラウンドa.k.a.NEO TOKAI のラッパー“NERO IMAI” も客演で参加している。彼女の持つ様々なバックグラウンドが詰め込まれた。まさに、春ねむりが目覚めのシャウトを打ち鳴らす【名盤アルバム】が完成!
初回盤には、2017.10.26@ 武蔵公会堂にて開催された初ホールワンマンライブ「ぼくを最終兵器にしたのはきみさ」のライブ映像をダイジェスト収録したDVDが付属。ライブでしか見せない千変万化の表情、表現が記録された見ごたえたっぷりのライブ映像を堪能できる。


春ねむり 1st Full Album「春と修羅」
2018年4月11日(水)発売
全17トラック収録 (10 曲 4skit 3remix)
通常盤 PMFL-0008 ¥2500 (税別) CDのみ

初回盤 PMFL-9001 ¥3000 (税別) CD+DVD


※ 通常盤、初回盤共に同じ曲を収録。
1. MAKE MORE NOISE OF YOU
2. 鳴らして
3. アンダーグラウンド
4. 春と修羅 (リード曲)
5. zzz
6. ロストプラネット
7. せかいをとりかえしておくれ
8. 夜を泳いでた
9. zzz
10. ナインティーン
11. ゆめをみよう
12. zzz
13. ロックンロールは死なない with 突然少年
14. zzz
15. 夜を泳いでた(Nemu remix)
16. アンダーグラウンド feat.NERO IMAI(shnkuti remix)
17. 鳴らして(長谷川白紙 remix)

<初回盤限定 LIVE DVD>
2017.10.26 春ねむりワンマンライブ『ぼくを最終兵器にしたのはきみさ』@武蔵野公会堂ホール

1. Intro
2. 怪物
3. 東京
4. ぼくは最終兵器
5. ロストプラネット
6. アンダーグラウンド
7. ロックンロールは死なない
8. Bonus Track
 「ロックンロールは死なない with 突然少年」 レコーディングドキュメンタリー映像

▼リード曲「せかいをとりかえしておくれ」Official Music video


<Event >
春ねむり『春と修羅』インストアイベント
4/22(日) 15:00〜愛知・名古屋PARCO TOWER RECORDS
場所: 名古屋パルコ西館 1階

<春ねむり PROFILE>
1995 年生まれ、横浜出身のシンガーソングライター / ポエトリーラッパー / トラックメーカー。17 歳からバンドを始め、シンセを担当。21 歳、突如マイクを握り、うたう最終兵器「春ねむり」としての活動を始める。
自身で全楽曲の作詞・作曲を担当している。
活動をはじめて数ヶ月後には、正規音源未発売ながらBAYCAMP2016 にO.A. として出演。 また、音楽プロデューサー蔦谷好位置氏とのコラボ曲「さよならぼくのシンデレラ」の制作ではリリックと歌唱を担当。
2016 年10 月、ファーストミニアルバム「さよなら、ユースフォビア」でデビュー。
その後、デビュー3 ヶ月でワンマンライブをソールドアウトし、冬のBAYCAMP201701、WOOLYSUMMIT など、複数のフェス・サーキットイベントへ出演。
また、トラックメーカーとしての楽曲提供、ソロでの客演参加も盛んに行い、2017 年3 月にはリミックス作品をリリース。そして2017 年6 月、セカンドミニアルバム「アトム・ハート・マザー」をリリース。同作品が、2017 年6 月度「タワレコメン」へ選出。
直後の夏には、オーディション優勝を経て「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017」へ出演!(他、カオスフェス、つくばロックフェス、BAYCAMP 2017 等へ出演)。さらに、8 月には芋生悠主演映画「; the eternal/spring」の主題歌を担当、9 月には後藤まりことの共作シングル「はろー@ にゅーわーるど / とりこぼされた街から愛をこめて」をリリース。 デビューから一年の節目には、吉祥寺・武蔵野公会堂にて自身初となるホールワンマンライブを成功させた。2017 年11 月、資生堂の医薬品リップクリーム「モアリップ」のWebCM に出演しリリックと歌唱を担当。12 月からは3 カ月連続自主企画「冬の大三角」を行い、サードワンマンライブをソールドアウト。2018 年、東京女子流(avex)「ラストロマンス」を制作(作詞作曲編曲)するなど作家としても活動開始。3 月、「au ひかり」のWeb CM に出演しプロレスラーの蝶野正洋と共演。ラップとダンスを担当。これが新世代のジェイポップ、こころはロックンロール。

春ねむり Official Site http://ねむいっす.com/

記事の一覧へ