記事詳細

歌い継がれる中島みゆきの名曲を稀代の女性アーティストたちが紡ぐ奇跡のステージが再び名古屋に!

2017/11/20 00:00


歌い継がれる中島みゆきの名曲を稀代の女性アーティストたちが紡ぐ

奇跡のステージが再び名古屋に!


デビューから40年以上に渡り、数々のヒット曲を生み出してきた日本を代表するシンガーソングライター・中島みゆき。その歌は市井の人々の姿を切り取りながら普遍のテーマを描き、聴く者の心を時に優しく包み、時に力強く突き動かす。そんな珠玉の名曲を人気女性アーティストたちが紡ぐ、中島みゆきリスペクトライブ「歌縁」が、来年早春に開催される! 同ライブは2015年秋と今年新春に行われ大反響を呼び、熱いリクエストに応えてカムバックするもので、今回も実力派の面々が舞台に立つ。ではここで、現時点で出演がコールされている5名を紹介しよう。

まずはクミコ。彼女は2010年の「INORI〜祈り〜」で全国にその名を轟かせた名シンガーだ。心に染み思わず涙する人も多い歌声は、中島のメッセージがこもった楽曲に乗ってさらに大きな感動を呼び起こすことだろう。

そして、その存在感は中島にも負けない研ナオコも登場。「かもめはかもめ」など中島からの楽曲提供も多く、1976年の「LA-LA-LA」は中島が初めて他者へ提供した作品という強いつながりも。また中島のカバーアルバムも出しているだけに、作品への深い理解を経て圧巻のステージを見せてくれるはずだ。

さらに、今年3年連続4回目の「NHK紅白歌合戦」出場を果たす演歌界の歌姫、島津亜矢も参戦。情念や哀愁を表現する演歌ならではの情感豊かな歌い回しは中島の楽曲と親和性が高いがゆえに自ずと期待が高まる。
加えて若手からは、中村 中と新妻聖子。中村は役者もこなす研ぎ澄まされた感性と情熱を感じるボーカルで、中島作品の濃厚な世界観をより鮮やかに膨らませてくれるに違いない。そして新妻はミュージカルで鍛え上げた美声と表現力が魅力。「その言葉やメロディから新たな景色を引き出せたらと願う(一部抜粋)」という自身のコメントどおり、彼女らしさもいかされたパフォーマンスが楽しみだ。

これは見応え聴き応え十分なライブになるのは明らか。彼女たちが織り成す魅惑の中島みゆきワールドにぜひ身を委ねてみてほしい。

Text by 服田昌子



出演者(50音順)
クミコ / 研ナオコ / 島津亜矢 / 中村 中 / 新妻聖子
※中島みゆきの出演はございません。

日程 会場名 開場 開演
2018年2月25日(日) 日本特殊陶業市民会館
フォレストホール
16:00 17:00






記事の一覧へ
関連情報