記事詳細

“佐野流ポップ”を詰め込んだ開放感あふれる「MANIJU」を引っ提げ、佐野元春&ザ・コヨーテ・バンドの全国ツアーが間もなくスタート!

2017/12/24 10:00

“佐野流ポップ”を詰め込んだ開放感あふれる「MANIJU」を引っ提げ

全国ツアーが間もなくスタート!


「アンジェリーナ」で1980年にデビュー。以降「SOMEDAY」などの名曲を生み出し続けてきた佐野元春。メロディーメーカー、そして詩人としての類い稀な才能と、常に時代の最前線を行くチャレンジ精神に満ちた制作姿勢は、その後、日本のロックに影響を与え、彼をリスペクトするミュージシャンは非常に多い。まさに時代を築いた偉大なロッカーなのだが、その前進は今もとどまることはない。
特に2015年からの1年はデビュー35周年というアニバーサリーを迎え、同年7月に佐野元春&ザ・コヨーテ・バンド名義による3作目のアルバム「BLOOD MOON」を発表。多ジャンルを自在に行き来しながら織り成すエッジの効いたダンサブルなロックに、胸に突き刺さる強烈なリリックを乗せ、キャリア35年目を迎えてもなお、前のめりのスタイルを体現して見せた。そして同年12月から翌年3月までは35周年記念の全国ツアーも開催し、約25,000人もの動員を記録。さらに、同ツアーのファイナル、東京公演を完全収録した映像作品「佐野元春 & THE COYOTE GRAND ROCKESTRA ? 35TH.ANNIVERSARY TOUR FINAL」もリリースしている。

 そして37年目に突入した2017年もまだまだ佐野元春の躍進は続く。なんと言っても7月のアルバム「MANIJU」の到着がファンを喜ばせた。この作品は前作に続き、佐野元春&ザ・コヨーテ・バンドとして発表したもので、サイケデリック、フォークロック、ニューソウルなど、多彩なポップなサウンドを散りばめた意欲作。またアナログ音を重視した仕上がりで、そのライブ感には心も体も踊らされる。圧倒的なキャリアを誇りながらも、こんなに軽やかでみずみずしい作品を生み出すその感性は、さすが!のひと言だ。……となれば、ライブが見たくなるのは必然!

 そんな私たちの期待に応え、佐野元春&ザ・コヨーテ・バンドは同作を携え、2018年、ツアーへと乗り出す! 2月から6つのホールを巡る今ツアー。注目の中部エリアでの公演は、3/8(木)の名古屋開催となる。ツアー4公演目の中盤、脂が乗ったパフォーマンスは、春を待つ弾む心をさらに上昇させてくれるだろう。進化し続ける日本のロックレジェンドと共に、早春の空へ舞い上がろう!

Text by 服田昌子



記事の一覧へ
ライブ情報

佐野元春&ザ・コヨーテ・バンド
佐野元春 & ザ・コヨーテ・バンド 全国ツアー2018 「MANIJU(マニジュ)」ツアー

2018/03/08(木)
愛知県芸術劇場 大ホール
関連情報