記事詳細

「音楽をする時の気持ちは10代の頃と変わらない」 Yap!!!のフロントマン、石毛輝にインタビュー!

2017/12/13 16:00

「音楽をする時の気持ちは10代の頃と変わらない」



the telephonesのフロントマンである石毛輝が、新バンド・Yap!!!を始動させた。このバンドがはじまった事で改めてバンドをやる喜び、音楽を鳴らす楽しさに気づけたという石毛。そうした彼の良い状態が表現されているかのような楽曲たちは、まさに石毛の真骨頂ともいえるハイトーンボイスと踊れるダンスロックが融合した音楽だ。処女作となった1stミニアルバム「I Wanna Be Your Hero」はそうした一面もある中で、彼のソロプロジェクトのようなアンビエント・サウンドや美しいピアノの旋律があるなど、体感的に楽しめる音楽であると同時に、録音作品としても楽しめる内容になっている。それは石毛の“いつまでも10代の頃の気持ちでバンドをしたい”という気持ちと、底知れぬ音楽愛が同居しているからこそなし得たことだろう。ポップ・ロックシーンにも、オルタナティブシーンにもアプローチできる快作について石毛に語ってもらった。


「すごくピュアに音楽ができているから、自分の大好きな光景を作れるんじゃないか」


――石毛さんが新しく組んだバンド・Yap!!!では、ロックとダンスリズムが融合した楽曲が鳴らされています。さらに、そこに石毛さんのソロプロジェクトのようなアンビエント的なサウンドアプローチもあり、ダンスロックを軸にしながらも多彩なサウンドを鳴らしています。どうしてそうした音楽性になったのでしょうか?

一人で音楽を作るならもっとアンビエント的なサウンドになったと思いますが、根がライブハウス育ちなのでやっぱりバンドをやりたくて。そうなってくるとダンスロック的なアプローチの曲をやりたかったし、自分がボーカルで高い声で歌うとどんな曲をしてもそう聴こえちゃうと思うので。去年はじめたlovefilmはテレフォンズ(the telephones)と違う事をやろうとはじめて、改めて今のような音楽を作り始めたら素直に楽しいなと思えたのが大きかったですね。

――テレフォンズの1stアルバム「JAPAN」を作った時のような気持ちでYap!!!の活動に望めているそうですね。キャリアを積み重ねていく中、こうした気持ちで活動できることは非常に大事なことですか?

ベースの真也くんとドラムのカッキーと一緒にいると、僕も新鮮な気持ちで音楽に取り組めて。その2人に影響されて、すごくピュアに音楽ができているのが嬉しいですね。純粋に音楽をして、ライブではありのままの姿を開放して、応援してくれる人たちをどんどん巻き込んでいくという自分の大好きな光景を作れるんじゃないかなと思っています。


「ポップでありながらオルタナティブでもある音楽を目指したい」


――そうした中で石毛さんから生まれてきた音楽がダンスロックだったというのは興味深いです。

普段聴いている音楽はブラックミュージックやR&Bが多いんですけど、それを自分の音楽としてやるのは違うなというのがあって。今年33歳になって若干キャリアの総括感もあった中で、石毛輝というミュージシャンがどんな音を鳴らすのかと考えた時にダンスロックだったんです。まだまだ伸びしろのある音楽だし、どんどん進化できるジャンル。僕はダンスロックはミクスチャーだと思っていて、ダンスミュージックの上に何を混ぜていくのかというところで、自分の場合はロックなんです。

――石毛さんはテレフォンズのフロントマンであるというパブリックイメージがある一方で音楽愛に溢れたリスナーとしても知られていますよね。

そうですね。オタクですよ、オタク(笑)。

――Yap!!!はその2つの顔がすごく気持ちの良いバランスでブレンドされているなと感じました。

その言葉はすごく嬉しいです。作る時は細かい理論とか難しいことを考えているんですけど、パッと聴いた時にキャッチーな音楽でありたいなと思っていて。すごくアンダーグラウンドな音楽も聴くんですけど、そもそもポップミュージックも大好きなんです。だから音楽オタクである事はあんまり曲にはだしたくなくて、僕は自分の作った音楽を人とシェアしたい人なので、感覚的にカッコイイと思ってくれたら良くて、音楽が詳しい人が聞いたらニヤリとしてくれたらいいかなと。でも、よく出来たポップミュージックって基本的にそういう構造なので、その領域にいきたいですね。

――それこそ冒頭の「Dancing in Midnight」、続く「Too Young for Love」は体感的に楽しめる楽曲になっていますね。

分かりやすくて踊れる、ただただ無心になって音楽を楽しめる楽曲です。それこそテレフォンズの延長線上ともいえる。

――その一方で「If I’m a Hero」や「Before You Leave」はソロ作のサウンドを想起させるような楽曲です。

一見ベクトルの違う楽曲に聞こえるけど、自分が魂を込めて歌えば不思議と統一感が生まれてくるんですよね。なので、方向性がバラバラになるんじゃないかという恐れは全くなくて、とにかく良い曲を作って歌おうと望みました。バンド感にはすごくこだわっているんですけど、「Before You Leave」はドラムは使っていないくて。ただ、ライブでやる時はドラムを使って違う聴こえ方をさせたいなと思っているので、Yap!!!はすごく自由度の高い製作になった事も良かったです。CDで聴くと静かで聴き入る曲だと思うんですけど、ライブだとエモい曲になると思います。お客さんの胸の奥から熱いものがこみ上げてくるような演奏をしたいですね。


「同期と生音が一対一でぶつかって生まれるエモーショナルな熱量を」


――それはライブでどんな風に再現されるのか楽しみです。

全曲同期データを流してライブをしようと思っているので再現性は高いんですけど、同期の音に寄り添っていくんじゃなくて、同期と生音が一対一でぶつかり合って熱量を生み出していくバンドがすごく好きなので、それを目指しています。テレフォンズ時代は同期を使わないことを美学としていたんですけど、4人で出せる音でしか曲が作れなくなってくるので、Yap!!!はそれを取り払ってやっていて。同期の音が鳴っていようと、僕たちは熱をこめて演奏するだけなので、すごくシンプルな考えてライブや活動に望んでいます。このアルバムは初期衝動があってこそ作れたアルバムなので、今しか作れない作品だと思います。

――そうした良い初期衝動が生まれたのも石毛さんと他のメンバーとの化学反応があったからでしょうね。

メンバーの2人はミュージシャンとしても一緒にプレイしていてすごく波長が合うんですけど、人としても良いグルーブが生まれていますね。基本的に自分は小学生レベルのシモネタが大好きで、ち◯ことよく言うんです(笑)。仮タイトルによく下ネタをつけるので、マネージャーによく怒られてます(笑)。真也くんとカッキーはそうした下ネタも楽しんでくれるので、そこはデカいですね。僕、ロックは子どもが遊ぶみたいにやりたくて。すごく計算して仕事っぽくやるのではなく、楽しさをだしたい。33歳ですけど、いまだに音楽をする時の気持ちは10代のころに近いかもしれないですね。

――そうしたマインドでいつまでもロックができるのは素晴らしいことですよね。

そういうマインドは普通消えていくものだと思うんですけど、意外に消えていかないなと。それはテレフォンズの時もそうだし、テレフォンズを組む前にやっていたバンドでもそうだったのでずっと変わってないです。それを再確認できたバンドがYap!!!で、自分が楽しいと自然とこうした楽曲ができちゃうんですよね。それも影響してダンスロックなんだと思います。頭を空っぽにして楽しめるような音楽を皆と共有したいので。だからlovefilmはもっとソロよりなマインドで活動しているので、Yap!!!ではバンドマンでありたいですね。

――Yap!!!の次回作が一体どんな風になるのか本当に楽しみです。

ライブでも新曲をガンガンやっていて、かなり良い感じなんですよね。今のモードで作れたら間違いなく良い作品になると思うので期待していてほしいです。


インタビュー・文/菊池嘉人

1st Mini Album 「I Wanna Be Your Hero」Now on sale


Yap!!! Official Site http://yap.dance/
記事の一覧へ
ライブ情報

Yap!!!
Yap!!! Bichrome & Monochrome Release Tour 〜Everyone Let’s Dance〜

2018/12/02(日)
CLUB UPSET
関連情報