記事詳細

F-BLOOD、身悶えするほどキャッチーでポップでロックなアルバムが完成!待望のライブは11月、Zepp Nagoya にて2Days!

2017/06/26 10:00


身悶えするほどキャッチーでポップでロックなアルバムが完成!

待望のライブは11月、Zepp Nagoya にて2Days


フミヤ「兄弟だし解散もないから、気づけば9年経っていたという感じです。2人で曲を作っていたし、ライブも一緒にやっていたから、そんなに久しぶりな感じはしなくて。20周年じゃなかったらもっと空いていたかもしれないですね」

 結成20周年を迎え、9年ぶりのアルバム「POP’N’ROLL」を6/21にリリースした F-BLOOD。タイトル通りポップンロールなサウンドは、作品ごとにテイストが違ったり、胸キュンな歌詞に突然セリフが飛び込んできたり、ぷっと吹き出してしまうユニークな世界が耳をくすぐったりと、聴き手をたっぷりときめかせてくれる。

フミヤ「僕たちにとってポップとは、歌で言うなら誰もが口ずさみたくなるようなもの。最初は年齢的にも渋いアルバムになるのかな〜と思っていましたが、音楽プロデュースを大島賢治さんにお願いしたことと、このタイミングで敢えて明るいポップなものをやりたい気持ちが重なって。まぁ最後のあがきのような感じですかね(笑)。歌詞は言葉遊びに凝った作りに……昔の歌謡曲のような……例えば阿久悠さんのような。普段はあまり英語は使わないけど、敢えて多用して細かく韻を踏んでいます。メッセージ性が無いようで、実は自分なりのメッセージが隠されています」

尚之「コンセプトがポップ&ロックだから、キャッチーで覚えやすいとか歌いやすいメロディを意識しました。F-BLOODなのでどこでもハモれるように作っています。僕にとっては歌の方が大変で、演奏の方が楽ですね(笑)」

 お待ちかねの全国ツアーは9月から。名古屋は11月にZeppで2Days。

フミヤ「アルバムを聴いてからライブにおいで!っていうのは当然ですが、スタンディングなんで多少の体力作りも必要でしょう(笑)。僕らのツアーは数年に一度の流星群みたいなもので、これを見逃すと次がいつになるかわかりません。今回はライブハウス・ツアーだから、より近い距離で空間を共存して盛り上がりましょう!」

尚之「今までで一番ノリのいいライブにするから、壊れるくらい盛り上がりましょう!」

Interview&Text by 早川ひろみ


■RELEASE
New Album 「POP ’N’ ROLL」 Now on sale

サウンドプロデューサーに、フミヤのソロアルバム「大人ロック」でタッグを組んだ大島賢治氏(ex.THE HIGH-LOWS /忌野清志郎&The2-3’s )を迎え、全曲とも作詞:藤井フミヤ、作曲:藤井尚之というF-BLOODサウンドを詰め込んだ新作は、兄弟ならではの珠玉のハーモニーと、ポップな要素 もありながら、持ち前の骨太いバンドサウンドの魅力も楽しめる1枚になっている。

■ライブ情報
F-BLOOD 20th Anniversary POP ’N’ ROLL TOUR 2017
11/3(金・祝)・4(土) Zepp Nagoya

記事の一覧へ
関連情報