記事詳細

BILLIE IDLEがベスト盤を引っさげて5/5にハートランドでライブ!「名古屋のお客さんは来てくれてありがとうの気持ちが他府県より熱い。わたしたちをもっと好きになってもらえるようにがんばります!」

2017/04/27 15:00
ベスト盤を引っさげて5/5にハートランドでライブ!
「名古屋のお客さんは来てくれてありがとうの気持ちが他府県より熱い。
わたしたちをもっと好きになってもらえるようにがんばります!」



ファッション、音楽、映画、飲食などさまざまなプロデュースを手掛けるクリエイティブ・ディレクターのNIGO?と、アイドルグループBiSのマネージャー・渡辺淳之介をプロデューサーに迎え、ネオ80’sをテーマに2015年4月にデビューしたBILLIE IDLE。

メンバーは「ひと夏の経験」担当・ファーストサマーウイカ、「ビジネスマイペース」担当・ヒラノノゾミ、「適当人間」担当・モモセモモ、そして、昨年9月に加入したモモセモモの妹で「みんなの親戚」担当・アキラの4人。
80年代に発行されたサブカル誌『宝島』を愛読した世代には涙がちょちょぎれるほど懐かしい空気感に、ひとクセもふたクセもある彼女らの歌声を融合させたサウンドは、3秒で耳をうばわれるほど新鮮で爽快でキャッチー! 4人が繰り広げる豊かな表現力と鋭い感性は、まさにコンセプトである“NOT IDOL”だ。

4/26に初心者からコアなファンまで楽しめるベスト盤〈BILLIed IDLE〉と、ライブ盤〈LAUNCHING OUT〉をリリースし、5/5には名古屋ハートランドでライブを行う愛すべき4人にインタビュー。


――わっ!今日はベスト盤〈BILLIed IDLE〉と同じ服装をされていますね

ファーストサマーウイカ(以下、ウイカ)「そうなんです。衣装もNIGOさんプロデュースで、ベスト盤に収録されている有頂天さんのカヴァー〈BYE-BYE〉のMVでも着ています。ベスト盤のジャケットと同じシーンが登場するので、MVと照らし合わせて観ていただきたいです! ちなみにMVは映像プロデューサーのタケイ・グッドマンさんが手掛けてくださいました」

――ベスト盤の収録曲はどのように決めたのでしょうか

ウイカ「勝手に決まってました」

全員「あはははは!」

ウイカ「だから逆にNIGOさんと渡辺さんはこの曲が好きなんだなあって。正直、わたしたちの好きな曲は入っていなかったりもするけど、これまでにリリースしたアルバム3枚の中で選ばれし曲たちが収録されています。ライブで盛り上がる曲ばかりですね」

――有頂天の〈BYE-BYE〉のカヴァー、すごく良かったです。この曲の大ファンとして、聴く前は「期待はずれだったら承知しないわよ」なんて意地悪く思っていましたが、みなさんの歌声から歌詞の意味を深く理解していることが伝わってきました

ウイカ「うれしいです! 有頂天さんはバンドブームの中でも先頭を切っていたし、特異なグループだったじゃないですか。わたしたちはネオ80’sをテーマにやっているけど、正直、歌詞や時代感がわかりきれないというか、知らないことのほうが多いので、〈BYE-BYE〉をカヴァーすることになってプレッシャーもあって……」

ヒラノノゾミ(以下、ノゾミ)「うんうん」

ウイカ「 TOM☆CATさんの〈ふられ気分でRock'n' Roll〉もカヴァーしているんですけど、この時代の曲を今のわたしたちが歌う意味をメンバーそれぞれが解釈して挑もう、それが最大の敬意になるだろうってことで、敬意もありつつ、リアルタイムで聴いていた人が、あ、いいな!ここ懐かしい!とか、新しい!とか、そういう感覚になってもらえたらうれしいなと思います」

――オリジナル曲も楽しい曲や言葉が胸に響く曲があってかっこいい。調べてびっくりしたんですが、作詞はみなさんでやっていらっしゃるんですね

モモセモモ(以下、モモ)「ヒーヒー泣きながら作っています」

全員「あはははは!」

――あまりのクオリティーの高さに専属の作詞家がいるものだと思っていました

ウイカ「昨年10月にリリースしたシングル〈泣きそうサンデー〉はモモが作ったんですけど、本当は10曲作ってこなくちゃいけないのに、1曲しか書いてこなくて」

モモ「全然作れなくて、泣きながら書きました」

――最初にみなさんでテーマを決めてから作詞をするんですか?

ウイカ「テーマがあるときもあるけど、ないことのほうが多いですね。基本的には曲を投げられて、みんなそれぞれ自分の作り方で作って、いいものがコンペで通る感じです」

――せっかく作ったのにボツになることも……

ウイカ「あります、あります。同じ曲に対して4人それぞれが作詞をするので、いいものだけが選ばれます」

――き、厳しい〜!

ウイカ「印税の闘いです」

全員「そうなんです! あはははは!」

ウイカ「お金のためなんで、お金のためなんで! 夢とか希望だけではごはんを食べていけないんでね、あはははは! でも音楽には夢があるから、楽しく音楽をやれることを大切にしています」

モモ「そうそう」

――話は変わりますが、昨年9月に加入されたばかりのアキラさんは、ほかの3人に追いつけるように短期間で曲や振り付けを覚えたんですよね

アキラ「はい。ウイカさん、お姉ちゃん、ノゾミさんにすごいわかりやすく教えてもらったので、わりとスムーズにいけました」

ウイカ「本当にスムーズかよ!」

全員「あはははは!」

ウイカ「アキラは急にメンバーになることが決まった中で一生懸命やっています。振り付けは、基本、わたしが作っているんですけど、ダンスに重きを置くというよりはグルーヴ感を大事にしています。曲も80’Sでバンドサウンドが多いので、かわいくとかダンサブルとかいうよりかは、自然にからだが動くみたいな気持ちを残したくて、てきとうに作ってます、ありあわせのもので。冷蔵庫にあるもので作りました、みたいな振り付けですね」

――またまた、そんなご謙遜を

ウイカ「本当にそんな感じです」

――ライブはステージにたった4人だけですよね。客席から一気に4人に注目を浴びると思うと、わたしだったら怖くなると思うのですが……

モモ「最初わたしは号泣するぐらい……泣いてばっかりですけど……」

ウイカ「すぐ泣くんですよ」

モモ「最初は怖かった、盛り上がったみんなの声援やノリがなぜか野次に聞こえて。お客さん側として観ていたときはそんなふうに思わなかったんですけど」

――どうやって克服を?

モモ「どうやってしたんでしょう……。あ、お客さんは怖くないっていうことがわかってからです。最初はお客さんと話せる機会があまりなかったんですけど、今は特典会とかで握手したりサインしたりしているので、そのときに実際にお話をすると、応援してくれているんだなって、仲間みたいな気持ちになって、自然に克服できました」

ウイカ「ノンちゃん(ノゾミ)はすごい度胸があって」

ノゾミ「ぜんぜんないですよ〜。ライブ前はいつもめっちゃ緊張しているんですけど、みんなからはそう見えないらしくて、緊張していないでしょって言われます。うふふふふ」

モモ「リラックスしているように見えるノンちゃんのおかげで大丈夫って思える」

アキラ「わたしはいちばん最初のライブは緊張したんですが、今まで一緒に練習をしてきた3人の顔をステージ上で見ると、安心するんです」

ウイカ「わたしは不安になります、アキラを見ると」

アキラ「あーーー」

ノゾミ・モモ「あはははは!」

ウイカ「こいつ、またやったな、みたいな」

アキラ「立つ位置とか間違えちゃう」

――5/5の名古屋ハートランドのライブが楽しみです

アキラ「ベスト盤を引っさげてのライブなので、今まで以上にお客さんと盛り上がって楽しんでもらえるようなライブにしたいです」

ウイカ「名古屋のお客さんは、来てくれてありがとうの気持ちが他府県より熱い。インストア・ライブにもたくさん来てくださいますし、どこよりも早く会場が埋まるんです。動員数が少ないと赤字になっちゃうのでなかなかライブをやりに来られなくなるけど、名古屋はずっと来れると思います」

――では最後に、名古屋のみなさんにメッセージをお願いします!

ノゾミ「名古屋はとっても大好きな場所なので、名古屋のみなさんにわたしたちをもっと好きになってもらえるようにこれからもがんばります!」

アキラ「プライベートで名古屋港水族館とか名古屋城に行ったことがあって、こんなすごく素敵な街にわたしも住みたかったです」

ウイカ「そんなこと言ったらアキラの地元の長野県を敵に回しちゃうよ〜」

アキラ「長野も好きなんですが、名古屋も大好きです!」

モモ「名古屋はデビュー当時から来ているんですけど、いつもみなさんが温かい。どんどんもっとたくさんの人にライブに来て欲しいので、お友だちを呼んで名古屋の人を巻き込んで、何度も来れるようにがんばりたいのでよろしくお願いします!」

ウイカ「5/5はハートランドをぱんぱんに埋めて、次のツアーはもう一段階大きくなって、名古屋での知名度をあげて、さらにたくさんの人に来てもらえるようになれたらいいな。今回ちょっと勝負なので、ベスト盤を聴いても聴かなくてもライブは楽しめるので……」

ノゾミモモアキラ「うんうん!」

ウイカ「ベスト盤はライブで買えますから、遊びに来てください!」


インタビュー・文:早川ひろみ


Best Album 「BILLIed IDLE」 2017.4.26 Release

Live Album 「LAUNCHING OUT」 2017.4.26 Release


BILLIE IDLE Official Site http://www.billieidle.com/
記事の一覧へ
ライブ情報

BILLIE IDLE
P.S.R.I.P.TOUR

2018/04/28(土)
ハートランド
関連情報