記事詳細

珠玉のボーカルワークスを纏めたベスト第7弾、2枚同時発売!霜月はるか インタビュー

2017/04/14 14:00

珠玉のボーカルワークスを纏めたベスト第7弾、2枚同時発売!

吹く風の強さや優しさ、日差しの色合いや物語の語られないその先を、その歌声は語ることができる。音楽という透き通った愛を届けるために―――。
ゲーム・アニメを中心に数々の主題歌・挿入歌を担当するボーカリスト霜月はるかの、ボーカルワークスアルバム第7弾は〈結び音リボン〜Sora no Oto〜〉〈結び音リボン〜Daichi no Oto〜〉(3/22発売)。

「今回の2枚は、わりと最近の自分の歌の表現だったり活動の幅だったりをそのまま詰め込めたものになって、今の『霜月はるか』を聴いていただけるものに仕上がったと思っています。タイトルの〈結び音リボン〉は〈Sora no Oto〉の方に書き下ろした曲から取りました。この表題曲のテーマは、今逢えていることを大切にしたい想い。この2、3年の間にいろんな突然が重なったんですね。特に去年はコラボさせていただいたばかりの大好きなアーティストさんが急に亡くなってしまって…。友人が活動休止してしまったり、逢いたいと思った時に逢えなかったり、そういったことに、今、逢えていること、近くにいることは決して当たり前じゃないって痛感して。結んでいる絆やご縁をリボンにたとえて、結べていることは大切なんですよってことを表現したのが〈結び音リボン〉なんです。それで今回このボーカルワークスに収録されている楽曲達も本当にいろんなご縁だったり、人との絆だったりで、できあがっている曲なので、そのままアルバムのタイトルにしました」

その〈結び音リボン〜Sora no Oto〜〉書き下ろし曲〈結び音リボン〉は、誰にでも訪れる別れに対して、それでも共に結んだ時間は消えない、と現実を過去ごと優しい光へ導いていく楽曲。

「今ひとつひとつ結んでいるものも、今まで結んできたものも、その時にしか結べないものだってことをすごく感じたんですね。音楽ってやっぱりそうやって人との縁でできるものだと思うんですよ。今までの絆やご縁でできあがった音楽も、結んできたひとつの結果だし、ひとつひとつがその時その瞬間だからできた大事なものだってことを曲に込めたくて。そういうテーマって言葉にするのが難しくて、どう表現したらメッセージが伝わるか、歌詞にはけっこう時間がかかりましたね。メロディーが先にできたんですけど、こういうわりとメッセージ性の強いものを考えていたので、まっすぐに伝わるよう編成もシンプルに作って、ピアノとチェロと歌だけにしたんです。だからなおさら歌詞のひとことひとことが大事だなとすごく悩みました」

〈結び音リボン〜Daichi no Oto〜〉の書き下ろし曲は〈こころ音セッション〉。

「サウンド的には〈結び音リボン〉とは違って、街角や酒場だったりで行われる、アイリッシュのセッションのイメージで作りました。去年までメジャーデビュー10周年の活動をしていたんですけど、節目ということですごく自分を振り返る活動だったんです。今までの軌跡をあらためてたどった時に、それまでは目の前のことをガムシャラにこなしていたのが、全体を俯瞰することで自分自身の今いる場所だったりとか、これからやるべきこととかがすごくわかるようになって。次の一歩を踏み出しやすくなったし、自信を持てるようになったというのが実感としてあったんですね。目の前のひとつひとつを大事に大地を踏みしめつつ、全体を空から俯瞰する。そんなテーマを空と大地をモチーフに描いたのがこの曲なんです」

自分らしさだけに気を取られ、それが正しいかわからない時には空から自分の立ち位置を眺めようというメッセージは、個にこだわる心に一石を投じてくれる。

「セッションも実は似たようなところがあって、みんなと一緒に演奏する時は、全体の音を聴いて、自分の場所を把握するんですよね。他の人がこう音を出して来たら自分はこう弾こうかなとか、全体を見渡しながら自分の音を出す。それがセッションだなと思ったので、テーマにも共通するサウンドで作ったんです。自分自身の音だけを意識していたら、たぶん他の人とぶつかってしまう。そういうことは音楽に限らず、たぶん普通に生きている中で起こりうることだと思うので、周りを見渡しながら自分自身をしっかり持つことが大事だなって、実感を込めた曲なんです。自分らしさを追求しすぎるとぎくしゃくしちゃうのは、日常でもあることなんですよね。時には引いて、出る時には出て輝ける自分でいたいっていう気持ちでいた方がバランスを取りやすいかなって。書き下ろす曲はわりと気持ちの整理になったり、自分に言い聞かせるっていうところもありますね。こういうふうに生きていきたいなって」

このアルバムがどう届いていくことを願っていますか?

「書き下ろし曲に関しては本当にそういったメッセージ性に共感していただいたり、聴いた人の人生に寄り添えるものになったらと思いますし、このアルバムはいろんなジャンルだったり音楽性が詰め込まれているので、これだけバラエティーに富んでいるとたぶん、その日の気分や人生のタイミングだったりとかで、ぴったりくる楽曲があるんじゃないかと思うんです。その日のお気に入りを見つけて、たくさん楽しんでいただきたいと思っています」

全国ツアーや海外公演などのメジャーデビュー10周年プロジェクトを経てますます活動のフィールドを広げる日々。あらためて10周年を越えた思いは。

「10周年プロジェクトは、霜月はるか史上、こんなにしたことないというくらい活動した日々でしたね。海外公演も初めてでしたし、いい経験をさせていただきました。一番大きかったのは、海外でも全国ツアーでも、自分の音楽がどれだけ届いていたかを実感できたこと。ライブでみなさんの顔を見たり言葉をいただいた時に、こんなに自分の音楽は届いていたんだなっていうことを、この10周年というタイミングで感じられたのはすごく大きかったですね。続けてきて良かったなと思いましたし、感謝しかないです。これからもまたやっていきたいパワーになりました。活動初期からずっと大切にしているのは、自分が好きだと思っていることを発信すること。そういうことに共感をしてくれる人達を探す旅をしていると言うとおかしいですけど、発信した音楽が響いてくれた人がメッセージを下さって、また音楽が生まれていく。これからも好きを発信する活動をしていきたいと思います」

現在各地でリリースイベントを開催中。

「5/2にミニライブとサイン会が埼玉であるんです。観覧フリーなのでぜひ足を運んでいただきたいですね。あともうひとつ、〈結び音リボン〜Sora no Oto〜〉〈結び音リボン〜Daichi no Oto〜〉の2枚もしくは〈結び音リボン Premium BOX〉を購入された方を対象に、応募特典として限定アコースティックライブを6/11に東京で開催するんです。無料招待のライブなので購入された方はぜひ応募して下さい。応募多数なら抽選になりますけど、このアルバムの中の曲をアコースティックアレンジする、原曲とまったく違う雰囲気が聴けるライブなので、購入された方はお忘れなく」

最後にメッセージを!

「〈結び音リボン〉は自信作と言える、今の私の歌を感じてもらえるアルバム。ぜひたっぷり楽しんでいただけたらと思います」。


インタビュー・文:早川矢寿子



◆Live info!

■『結び音リボン』発売記念アコースティックライブ
【日時】 2017年6月11日(日) 開場12:00 / 開演12:45
【会場】 東京都・吉祥寺スターパインズカフェ(http://www.mandala.gr.jp/spc.html
※公演は無料ですが、入場の際に別途ドリンク代が必要になります。

『結び音リボン〜Sora no Oto〜』『結び音リボン〜Daichi no Oto〜』の2枚もしくは
『結び音リボン Premium BOX』を購入された方を対象に応募特典として限定アコースティックライブへ無料ご招待!
(応募多数の場合は抽選)詳細はCD封入の応募要項をご覧ください。【応募締切:2017年5月8日(月)必着】

■リリースイベント
【日時】2017年4月22日(土) 開場 13:00/開演 13:30
【会場】アニメイト札幌 animate hall SAPPORO
【内容】ミニライブ&トーク、缶バッジお渡し会
 ※CD購入者イベント

【日時】2017年5月2日(火)13:00〜、15:00〜 ※2回公演
【会場】埼玉・ベニバナウォーク桶川 1Fセンターコート
【内容】ミニライブ&サイン会
 ※入場・観覧フリー

▼詳細
http://www.team-e.co.jp/sp/musubine/event.html


◆Release info!
『結び音リボン Premium BOX』 Now on sale

『結び音リボン〜Sora no Oto〜』/ 『結び音リボン〜Daichi no Oto〜』 Now on sale


霜月はるか Official Site http://shimotsukin.com/
記事の一覧へ
関連情報