記事詳細

日本の音楽シーンをリードし続ける稀代のソングライターの変わらぬ輝きは、開催中のホールツアーで体感すべし!

2017/03/27 10:00


日本の音楽シーンをリードし続ける
稀代のソングライターの変わらぬ輝きは、
開催中のホールツアーで体感すべし!


伝説のバンド、シュガー・ベイブで1975年にデビューし、翌年にはソロデビュー。以降、山下達郎は〈クリスマス・イブ〉〈さよなら夏の日〉〈GET BACK IN LOVE〉など、40年以上もの長きに渡り数々のグッド・ミュージックを世に送り出し続けている。彼の生み出した音楽は楽曲提供といった形でも多くの人の耳に届き、日本人なら誰もが聴いたことがあると言って過言ではないはずだ。そして彼の影響を受けたとリスペクトを公言するアーティストも多く、その偉業は、例えば前出の代表曲の〈クリスマス・イブ〉が1987年から30年連続でオリコンランキング100位以内を記録してギネスブックに登録されたり、2015年に「第65回 芸術選奨 文部科学大臣賞」の大衆芸能部門・大臣賞に選ばれたりと、目にも見える形になって表れている。

 そして2017年、64歳となった現在も彼の奏でるメロディは変わらずみずみずしく、活動の勢いも衰えることがない。特に2015年から2016年にかけては、デビュー40周年記念のツアー「山下達郎 PERFORMANCE 2015-2016」を開催。全国35都市で計64もの公演を行った。また、昨年の秋には約3年ぶりとなるシングル〈CHEER UP! THE SUMMER〉をリリース。そのタイトル曲はフジテレビ系木曜22時ドラマ「営業部長 吉良奈津子」の主題歌としてオンエアされた。さらに、昨年12月に発売された人気ゲームシリーズ「龍が如く」の最新作では、〈蒼氓(そうぼう)〉をはじめとする計5曲が使用されている。これはテレビ、ゲーム、媒体を問わず、幅広い層の人々に、彼の音楽が深く受け入れられていることの証と言えるだろう。

そんな日本音楽界の最高峰が、今年もツアーを3/18からスタートさせた! 今回は約半年をかけて全国25都市を巡るホールツアーだ。美しくエモーショナルなバラード、日常をワントーン明るくするような小粋なポップソング、長寿FM番組「サンデー・ソングブック」でもおなじみのソフトながらも切れ味も鋭いトーク。これらがライブで体感できると思うと今からワクワクが止まらない! 東海エリアでは浜松市と名古屋市、計3公演の開催となるのでチェックをお忘れなく!!

Text:服田昌子

≪山下達郎 PERFORMANCE 2017≫
2017/4/7(金) アクトシティ浜松 大ホール
2017/7/20(木)・21(金) 名古屋国際会議場 センチュリーホール 
★名古屋公演 4/4(火)より会員受付! 
※3/26(日) 23:59付 でSFP WEB会員になられている方のみが対象


山下 達郎 Official Site http://www.tatsuro.co.jp/

記事の一覧へ
ライブ情報

山下 達郎
山下達郎 PERFORMANCE 2018

2018/09/11(火)他
名古屋国際会議場 センチュリーホール

山下 達郎
山下達郎 PERFORMANCE 2018

2018/10/13(土)
静岡市民文化会館 大ホール
関連情報